召喚酔い

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

召喚酔い(Summoning Sickness)とは、クリーチャーに関する制限のルールを表す俗語。簡単に言えば「戦場に出したばかりのクリーチャーは使えない」というものである。

目次

[編集] ルール

コントローラーの最新のターンの開始時から継続してコントロールされていないクリーチャーは、攻撃に参加できず、起動コストタップ・シンボルアンタップ・シンボルを含む起動型能力起動できない。このような状態のクリーチャーは、俗に「召喚酔いの状態にある」「召喚酔いの影響を受けている」「酔っている」と呼ばれる。また、速攻を持つクリーチャーはこのルールを無視する。

メイン・フェイズでクリーチャーを戦場に出したとき、そのクリーチャーは(速攻を持たない限り)召喚酔いの状態になっている。

  • 召喚酔い状態でも、ブロックには参加できる。
  • コントロールが移動した場合も、クリーチャーは召喚酔い状態になる(「召喚酔い」という言葉で覚えていると誤解しやすいので注意)。
  • 召喚酔い状態でも、タップ・シンボルやアンタップ・シンボルを含まない起動型能力は問題なく起動できる。
  • 召喚酔い状態でも、呪文能力コストとしてタップすることは可能。
    • 例:野戦外科医/Field Surgeonは、召喚酔い状態でも自身をタップしてその能力を起動できる。
    • 例:召集を持つ呪文を唱える際、召喚酔い状態のクリーチャーをタップしてコストの支払いに充てることができる。

[編集] クリーチャーでないパーマネントがクリーチャーになった時

よくあるルールの質問として、「ミシュラランドなどをクリーチャー化した場合、それは召喚酔いになるのですか」というものがある。

そのクリーチャーがいつクリーチャー化したかに関係なく、パーマネントとしてターン開始時から継続してコントロールしていれば、それは召喚酔いではない。逆に、戦場に出した(コントロールを得た)時点でクリーチャーではなかったからと言って、それが召喚酔いにならないというようなことはない。

  • 考え方としては、そもそも召喚酔いはクリーチャーに限らず全てのパーマネントがなっており、クリーチャーでなければ影響が無いだけと考えると良い。
  • 通常、土地は出してすぐに自らのマナ能力を起動することができるが、起動型マナ能力も立派な起動型能力であるため、クリーチャー化して召喚酔いの影響を受ける状態になると、タップ・シンボルを起動コストに含むマナ能力も起動できなくなることに注意。

[編集] 俗語としての召喚酔い

もともと俗語として世の中に広まったものだが、ミラージュからウルザズ・レガシーまでのカードでは「召喚酔いに影響されない」という記述が実際にルール文章に使用されている。これらは現在のオラクルでは「速攻」に書き換えられている。

  • アライアンスまでは「~の陣営に加わった同じターンから攻撃に参加することができる/can attack the turn it comes into play on one's side」と表現していた。
  • 未来予知で、はじめから土地でもクリーチャーでもあるドライアドの東屋/Dryad Arborが登場したため、注釈文に久しぶりにこの用語が使用された。
  • このルールに対する公式な呼称が特に無いため、総合ルールでも「召喚酔い」という言葉が俗称として記述されている。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif