爆片破/Shrapnel Blast

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shrapnel Blast / 爆片破 (1)(赤)
インスタント

爆片破を唱えるための追加コストとして、アーティファクトを1つ生け贄に捧げる。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。爆片破はそれに5点のダメージを与える。


追加コストとしてアーティファクト1つの生け贄を要求する、2マナ5点の汎用インスタント火力

ミラディン・ブロック期における基本火力の1つであり、大焼炉/Great Furnaceから手軽に唱えることができた。アドバンテージを失うものの、接合持ちやアーティファクト・土地など生け贄に捧げるのに向いたカード環境中に多く存在し、デメリットは見た目ほど大きくなかった。アーティファクト除去対応してこれを唱えるのも有効。

相手がである場合のライフ10点が突然死の危険性のあるラインとなり、またタフネス5のクリーチャーですら安心できない、などというぶっ飛んだ環境を作り出した張本人である。特に、当時赤の天敵ともいえた賛美されし天使/Exalted Angelを一発で焼き殺せるのは心強かった。また、親和デッキの3目に赤が好まれた理由の1つでもあり、大霊堂の信奉者/Disciple of the Vaultとともに、戦線膠着時の切り札として活躍した。

ただ、構築段階で気を遣ってやる必要がある点は無視できない短所となる。エサとして十分な数のアーティファクトを準備する過程で、デッキのバランスが歪んでしまうこともしばしば。

基本セット2015再録されたことで再びスタンダード環境で使用可能となり、話題を呼んだ。しかし登場時の環境は優良なアーティファクトに恵まれているとは言えず、目立った活躍はできずにいた。ローテーションによる退場間際のマジック・オリジン参入でカラデシュ/Kaladesh産の優良アーティファクト群が手に入ると、ようやくその高いポテンシャルを発揮して青赤アーティファクトを成立させた。

モダン親和デッキでも使われていたが、環境の変化やカードプール拡大に伴って採用しないタイプが主流となっている。

[編集] 関連カード

  • 石弾化/Artillerize - 追加コストの生け贄にクリーチャーも選ぶことができる。4マナ。

それ以外の追加コストとして何かを生け贄に捧げる単体火力は、ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenadeを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif