ボール・ライトニング/Ball Lightning

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ball Lightning / ボール・ライトニング (赤)(赤)(赤)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

トランプル(攻撃しているこのクリーチャーは余剰の戦闘ダメージを防御プレイヤーかプレインズウォーカーに与えることができる。)
速攻(このクリーチャーは、あなたのコントロール下になってすぐに攻撃したり(T)したりできる。)
終了ステップの開始時に、ボール・ライトニングを生け贄に捧げる。

6/1

元祖歩く火力。もっぱら火力呪文として扱われる、1ターンかぎりの強力な特攻クリーチャー稲妻/Lightning Bolt火葬/Incinerateと共に活躍するバーンの切り札であり、スライの主力クリーチャーである。

3マナで6点ダメージとかなりの高コスト・パフォーマンスであり、ほぼ単色デッキでしか使えないトリプルシンボルであることも含めて、多くの熱狂的な使いの心を射止めた。3マナは速攻デッキに入れられるギリギリのラインなので、実質的にバーンおよびスライにおける最高の攻撃力といえる。トランプルのおかげでちょっとしたブロッカーなら踏み潰して本体にダメージを与えていけるし、ブロックされなければ攻撃後に投げることで追加ダメージも狙えるため、これが対戦相手与えるダメージ量は計り知れない。基本セット2010以前のルールでは、ブロックされたとしても戦闘ダメージスタックに乗せてから投げることができたため、より評価が高かった。

欠点は完全に使い捨てであることと、タフネスの低さ。トランプルはあるものの、先制攻撃持ちやティムが相手ではあっさり止められてしまう(特に先制攻撃に加えてプロテクション(赤)を持つ銀騎士/Silver Knightはかなり厄介)。その手の天敵を他の火力や呪われた巻物/Cursed Scrollなどで始末しつつ使うのが通例だが、その火力を対戦相手本体に向けたほうが効率よく勝利できることもままあるため、手札の火力の内容などから最良の一手を判断していく必要がある。使いこなすには独特の戦術眼が必要と言えるだろう。

  • フルバーンを名乗るデッキでもクリーチャーではなく火力とみなされてよく投入される。
  • ボール・ライトニング(球電現象)とは、雷などの強いエネルギーが球状に固まったままで移動している状態のこと。非常に稀な現象であり目撃例は少ないが、直撃した人間の体が一瞬で炭化した事例なども報告されている。しかし科学的には原理も存在も立証されておらず、今のところはオカルトや都市伝説に近い(参考)。
    • 稲妻/Lightning Bolt地震/Earthquake同様に自然現象の一種だが、それらと違ってクリーチャーである。自然現象を操る呪文としてではなく、オカルトな存在を呼び出すものとしてデザインされているのかもしれない。
  • 略称ボーライ。また、これで攻撃することを俗に転がすと言う。→カードの俗称

[編集] 収録

[編集] オラクルの変遷

ザ・ダーク初出時の生け贄に捧げる能力は「ボールライトニングは召喚された(戦場に出た)ターンの終了時に埋葬する」となっていた。そのため、何らかの方法で埋葬をかいくぐることができれば、戦場に残り続けることができた。

Duelist誌4号でエラッタが出され、各ターンの終了時に埋葬するように変更された。第4版以降の再録時もこのエラッタを踏襲している(第6版ルール以降、「埋葬」は「生け贄に捧げる」に変更された)。

また、ザ・ダーク初出時のクリーチャー・タイプボール・ライトニング/Ball Lightningであったが、第6版ルールの「クリーチャー・タイプは1つ1単語」の方針に合わせて、1999年9月頃のオラクル更新でボール=ライトニング/Ball-Lightningと変更され、Masters Edition再録に伴う2007年9月7日のオラクル更新でエレメンタルに変更された。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

多数の亜種が生み出された。

特筆されないかぎり、トランプル速攻を持ち、終了ステップ生け贄に捧げる

生け贄に捧げる能力は持たない亜種。

[編集] 参考

QR Code.gif