フェッチランド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

フェッチランド(Fetch Land、直訳すると「取ってくる土地」)とは、自身を生け贄に捧げることによって、ライブラリーから特定の土地カード戦場に出す土地のこと。

目次

[編集] 解説


Flood Plain / 氾濫原
土地

氾濫原はタップ状態で戦場に出る。
(T),氾濫原を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから平地(Plains)カード1枚か島(Island)カード1枚を探し、それを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。



Windswept Heath / 吹きさらしの荒野
土地

(T),1点のライフを支払う,吹きさらしの荒野を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから森(Forest)カード1枚か平地(Plains)カード1枚を探し、それを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。



Terramorphic Expanse / 広漠なる変幻地
土地

(T),広漠なる変幻地を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


ミラージュに収録された氾濫原/Flood Plainなどのサイクルが初出。その後堆石堤/Terminal Moraineクローサの境界/Krosan Vergeといった亜種が登場し、オンスロートではミラージュのものの後継とも言うべきサイクルが収録された。その後も広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse全景サイクルが登場し、ゼンディカー対抗色のフェッチランドが登場した。

主たる役割は色マナ基盤の安定化であるが、「ライブラリーが圧縮される」「ライブラリーが切り直される」「墓地が肥える」などといった副次効果も利用価値が大きい。特に渦まく知識/Brainstorm渋面の溶岩使い/Grim Lavamancerタルモゴイフ/Tarmogoyfなどとの相性は抜群である。

他にも「起動対応して税収/Tithe唱える」「第二の日の出/Second Sunrise太陽のタイタン/Sun Titanなどで延々再利用する」「1枚で2回、もしくはインスタント・タイミング上陸を満たせる」など、様々な面でシナジーに期待できる。それら副次効果を利用するため、しばしば単色デッキにも採用される。

  • 単色デッキでもデッキ圧縮のみを目的としてフェッチランドを採用することもしばしばあった。しかし、その圧縮効果はゼロではないが非常に小さい(参考)。フェッチランドが抱えるタップインライフロス、あるいは上記のもみ消しリスクなどのデメリットを考えると、効果がささやかすぎて釣り合わない、というのが一般的な見解である。
    • 圧縮効果がまったく期待できないわけではなく、それ目的で採用するほどのコスト・パフォーマンスではないということである。墓地利用やライブラリー操作などとの別のシナジーがある場合には、それに加えてデッキ圧縮に期待するのも悪くはないだろう。
    • 何らかの再利用手段を用いて何度も使用すれば劇的な圧縮効果が期待できる。サニー・サイド・アップなどでは重要な圧縮手段のひとつである。

[編集] ミラージュ・オンスロート・ゼンディカー版

ミラージュ版・オンスロート版のフェッチランドは友好色2色、ゼンディカー版では対抗色2色に対応する基本土地タイプを持つ土地をライブラリーから戦場に出す。ミラージュ版ではタップイン、オンスロート・ゼンディカー版では起動コストに1点のライフ支払うようになっている。

一見すると2色地形のバリエーションで、実際スタンダードブロック構築ではそのような使い方をされていた。しかし最大の強みは、探すものが基本土地に限定されないことである。複数の基本土地タイプを持つデュアルランドショックランドなどと組み合せて使えば、すべての基本土地タイプの中から選んでサーチすることができるため、さながら5色地形を大量投入したかのような動きとなり、4色デッキ・5色デッキでも非常に安定したマナ基盤を組むことが可能となる。さらに、ある特定のカードを入れるためだけに色をタッチしてみたり、1枚挿しした別色のデュアルランドや基本土地をその都度持ってきたりということもできる。

特に、1ターン目にオンスロート・ゼンディカー版からショックランドを持ってきてアンタップ状態で出すことは「3点スタート」「17点でスタート」などと呼ばれ、ラヴニカ・ブロックが使えた頃のエクステンデッドや現在のモダンで頻繁に見られる光景である。

  • エクステンデッドでは2009年10月1日にオンスロートローテーション落ちと共にゼンディカーが使用可能になったため、ちょうど友好色から対抗色へと入れ替わる形になった。
  • オンスロート版に慣れた人から見ると、タップインのミラージュ版はかなり使いづらいように見えがちだが、オンスロート参入前のエクステンデッドでは当然のごとく4枚積みされていた。 もっとも、それは多色コントロールデッキの話であり、多色のビートダウンデッキの場合は土地譲渡/Land Grantや税収が替わりに用いられる事も多かった。
  • オンスロート版と複数の基本土地タイプを持つ特殊地形の組み合わせは、戦乱のゼンディカーバトルランドが登場したことによりスタンダードでも約半年の間実現した。これはデベロップ・チームが予想していた以上に強力になり、4色以上のデッキ構築が当たり前というスタンダードとしては異例ともいえるマナ基盤が誕生した(スタンダードのパワー・レベル)。
  • 前述のようにデュアルランドやショックランドなどとの組み合わせの強力さから、つい癖で「何でも持ってこられる」といった使い方をしてしまうミスが時折見られる。特に基本土地を持ってくる際には注意。
  • エターナルモダンの多色デッキではほぼ必須カードの扱いであり、デュアルランドほどではないが総じて取引価格は高額。プレイヤーから再録を熱烈に期待されているサイクルの筆頭である。青絡みのものの価値が高いのもデュアルランドに類似している傾向である。
    • 実際、タルキール覇王譚オンスロート版フェッチランドの再録が発表された際は大きな話題を呼び、なんと日本の新聞社に掲載された[1]ほどである。マジックにおける出来事が日本でこのような形で報じられるのは極めて異例。

[編集] フェッチランド一覧

[編集] ミラージュ

友好色アンタップイン。自身はタップイン

[編集] オンスロート

友好色アンタップイン。起動コストに1点のライフを支払う。

タルキール覇王譚に再録されたほか、続く運命再編ブースターパックにも封入されている。詳細はそれぞれの項を参照。

[編集] アラーラの断片(全景

断片毎の対応タップイン。起動コストに1マナ支払う。単体で無色マナも出せる。

[編集] ゼンディカー

対抗色アンタップイン。起動コストに1点のライフを支払う。

[編集] その他

サイクルを成さないカード。タップイン

[編集] 脚注

  1. MTG、人気土地カードシリーズを再録(日刊スポーツ)

[編集] 参考

QR Code.gif