青白コントロール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

青白コントロール(Blue-White Control)は、白青の2で構成されるコントロールデッキパーミッション力が重要で青重視となることが多いため、色の順序通りの白青コントロール(White-Blue Control)ではなく、こちらの呼称で呼ばれることが多い。

目次

[編集] 概要

従来パーマネントの処理が非常に苦手であったため、それをの優秀な除去呪文などで補ったデッキである。デッキタイプとしては基本的にパーミッションの構成を取る。

白のコントロールカードや青のカウンター対戦相手を止め、大型フィニッシャーで勝負を決める。赤緑ステロイドと同じく、最もオーソドックスなアーキタイプの1つである。

一般的なパーミッションと比較して特筆すべきは、ビートダウンデッキとの相性だろう。白の除去が加わったことで、展開が遅く、テンポ・アドバンテージボード・アドバンテージを得やすいミッドレンジビッグ・マナ系のビートダウンデッキには圧倒的に強くなっている。一方、ウィニーを筆頭とした展開の早いビートダウンデッキに対する相性は一概にはいえない。全体除去により膨大なボード・アドバンテージを得ることはできるが、それでも展開の速度差があまりに大きいと、こちらのコントロールが確立する前に押し切られる場合も多い。他方、そうでなければ強力なライフゲインや白の除去の質次第で後半からの巻き返しも可能。結局はその時代のカードプールメタによるところが大きいが、青単色のパーミッションよりは大幅に対処しやすくなっていると言って良い。

一方、カウンターのスロットを除去等で圧迫しているので、これらの除去が腐りやすい純粋なコントロールデッキ相手には、メガ・パーミッションなどよりも分が悪くなっている。

それ以外だと、白によるアーティファクトエンチャントなどのパーマネントが除去も可能となった点も長所であり、総じて青単色のパーミッションより汎用性は大きく向上していると言って良い。コンボデッキに強い点、クロックパーミッション手札破壊に弱いところは一般的なパーミッションと同様である。

カウンターなどの基本的なコントロール向きのカードがあれば簡単に作れるので、現在の色の役割が変更にならない限り、このアーキタイプが消えることはないだろう。

  • どちらのダブルシンボルのカードを使うため、土地配分には気を配る必要がある。
  • 往々にしてレアカード満載になり費用がかかるデッキタイプである。だが、デッキの中心となる高額カード(神の怒り/Wrath of Godアダーカー荒原/Adarkar Wastesなど)が基本セットを中心としているので、初期投資を惜しまなければ、同じカードの使いまわしで長く楽しめるデッキタイプであるという見方もできる。
    • ただし近年ではこの手の「定番カード」の変動も激しいため、同じカードで長く楽しめるとは一概にはいえなくなっている。

[編集] スタンダード

下記の時期のスタンダードにおいても、活躍を見せる。

[編集] ブロック構築

下記の時期のブロック構築においても、活躍を見せる。

[編集] エクステンデッド(ローウィン期)

ローウィン期のエクステンデッドにも、青白コントロールは存在する。


Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋 (1)(緑/白)(緑/白)
クリーチャー — アウフ(Ouphe)

台所の嫌がらせ屋が戦場に出たとき、あなたは2点のライフを得る。
頑強(このクリーチャーが死亡したとき、その上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それを-1/-1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)

3/2


Cryptic Command / 謎めいた命令 (1)(青)(青)(青)
インスタント

以下から2つを選ぶ。
・呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
・パーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
・あなたの対戦相手がコントロールするすべてのクリーチャーをタップする。
・カードを1枚引く。


台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finksなどの優秀なクリーチャー謎めいた命令/Cryptic Commandなどの打ち消し呪文流刑への道/Path to Exile等の除去で序盤を凌ぎ、ブレインズウォーカー精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor戦場を制圧、フィニッシャーで勝利する伝統的な構成である。

上記のブロッカー全体除去、そして悪斬の天使/Baneslayer Angelの存在により対ビートダウンに優位に立つことができる。また台所の嫌がらせ屋やヴェンディリオン三人衆/Vendilion Cliqueにより序盤からクロックをかけることもでき、能動的な立ち回りができるのも利点である。

ミラディン包囲戦饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famineが登場してからは石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mysticを加えた青白石鍛冶が主流となったが、石鍛冶の神秘家は2011年10月1日よりエクステンデッドの禁止カードに指定されてしまった。


Stoneforge Mystic / 石鍛冶の神秘家 (1)(白)
クリーチャー — コー(Kor) 工匠(Artificer)

石鍛冶の神秘家が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから装備品(Equipment)カードを1枚探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。
(1)(白),(T):あなたは、あなたの手札にある装備品カード1枚を戦場に出してもよい。

1/2

[編集] サンプルレシピ

UW Control [1]
土地 (26)
5 平地/Plains
4 島/Island
4 天界の列柱/Celestial Colonnade
3 氷河の城砦/Glacial Fortress
2 秘教の門/Mystic Gate
2 湿地の干潟/Marsh Flats
2 霧深い雨林/Misty Rainforest
4 地盤の際/Tectonic Edge
クリーチャー (14)
3 前兆の壁/Wall of Omens
3 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
3 ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique
3 悪斬の天使/Baneslayer Angel
2 太陽のタイタン/Sun Titan
呪文 (20)
3 流刑への道/Path to Exile
4 マナ漏出/Mana Leak
3 忘却の輪/Oblivion Ring
4 謎めいた命令/Cryptic Command
3 審判の日/Day of Judgment
3 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
サイドボード (15)
3 薄れ馬/Wispmare
1 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
2 呪文貫き/Spell Pierce
1 流刑への道/Path to Exile
3 ルーンの光輪/Runed Halo
2 否認/Negate
1 漸増爆弾/Ratchet Bomb
1 審判の日/Day of Judgment
1 ジェイス・ベレレン/Jace Beleren


[編集] エクステンデッド(ローテーション導入後)

エクステンデッドローテーションが導入された後、デュアルランド剣を鍬に/Swords to Plowsharesなどを失い、青白コントロールは一時鳴りを潜めていた。その後、ミラディン等時の王笏/Isochron Scepterを獲得し、オアリムの詠唱/Orim's Chantとのコンボを核としたセプターチャントとしてメタゲームに復帰する。


Isochron Scepter / 等時の王笏 (2)
アーティファクト

刻印 ― 等時の王笏が戦場に出たとき、あなたはあなたの手札にある点数で見たマナ・コストが2以下のインスタント・カードを1枚、追放してもよい。
(2),(T):あなたは、その追放されたカードをコピーしてもよい。そうした場合、あなたはそのコピーを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。



Orim's Chant / オアリムの詠唱 (白)
インスタント

キッカー(白)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(白)を支払ってもよい。)
プレイヤー1人を対象とする。このターン、そのプレイヤーは呪文を唱えられない。
オアリムの詠唱がキッカーされていた場合、このターン、クリーチャーは攻撃できない。


また、ディセンションでのアゾリウスギルド参入によるマナ基盤安定後は、青単トロンの流れを汲むウルザトロンデッキ青白トロンも登場した。


Decree of Justice / 正義の命令 (X)(X)(2)(白)(白)
ソーサリー

白の4/4の飛行を持つ天使(Angel)クリーチャー・トークンをX体生成する。
サイクリング(2)(白)((2)(白),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
あなたが正義の命令をサイクリングしたとき、あなたは(X)を支払ってもよい。そうした場合、白の1/1の兵士(Soldier)クリーチャー・トークンをX体生成する。



Urza's Tower / ウルザの塔
土地 — (Urza’s) 塔(Tower)

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。あなたがウルザの(Urza's)・鉱山(Mine)とウルザの・魔力炉(Power-Plant)をコントロールしている場合、代わりにあなたのマナ・プールに(◇)(◇)(◇)を加える。


[編集] エクステンデッド(デュアルランド期)

デュアルランド時代のエクステンデッドでもよく見られたデッキタイプである。意志の力/Force of Will剣を鍬に/Swords to Plowsharesなどの定番カードがその骨格を支える。

初期にはアイスエイジ期のスタンダードと同様カウンターポストが活躍。


Kjeldoran Outpost
土地

Kjeldoran Outpostが戦場に出る場合、代わりに平地(Plains)を1つ生け贄に捧げる。そうした場合、Kjeldoran Outpostを戦場に出す。そうしなかった場合、それをオーナーの墓地に置く。
(T):あなたのマナ・プールに(白)を加える。
(1)(白),(T):白の1/1の兵士(Soldier)クリーチャー・トークンを1体生成する。


不毛の大地/Wastelandの台頭でカウンターポストが衰退した後は、フィニッシャーなどのためにを加えるタイプが主流になった(→ワラミーズ)。


Call of the Herd / 獣群の呼び声 (2)(緑)
ソーサリー

緑の3/3の象(Elephant)クリーチャー・トークンを1体生成する。
フラッシュバック(3)(緑)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストでプレイしてもよい。その後それを追放する。)


ただ、オデッセイ以降、パーミッションとしては別に強力な青黒コントロールサイカトグが登場し、このデッキは活躍の場を奪われてしまった。

[編集] モダン

モダンでは環境初期にCaw-Bladeが少数存在し、アヴァシンの帰還参入後にはその流れを汲むNo-Cawメタの一角を担うまでになった。やがて主流はを足した青白赤コントロールに移ったが、青白2コントロールないしミッドレンジ系のデッキも少数ながら存在し続けている。


Supreme Verdict / 至高の評決 (1)(白)(白)(青)
ソーサリー

至高の評決は打ち消されない。
すべてのクリーチャーを破壊する。



Cryptic Command / 謎めいた命令 (1)(青)(青)(青)
インスタント

以下から2つを選ぶ。
・呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
・パーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
・あなたの対戦相手がコントロールするすべてのクリーチャーをタップする。
・カードを1枚引く。


デッキカラーを2に抑える利点として、幽霊街/Ghost Quarterなどの色マナを生み出さない土地を採用しやすいという点が挙げられる。

[編集] サンプルレシピ

UW Control [2]
土地 (26)
4 天界の列柱/Celestial Colonnade
1 永岩城/Eiganjo Castle
4 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
4 幽霊街/Ghost Quarter
2 神聖なる泉/Hallowed Fountain
3 島/Island
1 水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge
3 平地/Plains
4 秘教の門/Mystic Gate
クリーチャー (16)
2 龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai
4 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
3 修復の天使/Restoration Angel
1 太陽のタイタン/Sun Titan
2 ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique
4 前兆の壁/Wall of Omens
呪文 (18)
3 至高の評決/Supreme Verdict
3 謎めいた命令/Cryptic Command
4 流刑への道/Path to Exile
2 差し戻し/Remand
4 呪文嵌め/Spell Snare
2 拘留の宝球/Detention Sphere
サイドボード (15)
2 エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor
1 エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage
1 呪文滑り/Spellskite
1 天界の粛清/Celestial Purge
1 世界のるつぼ/Crucible of Worlds
1 払拭/Dispel
1 墓掘りの檻/Grafdigger's Cage
2 否認/Negate
2 石のような静寂/Stony Silence
3 不忠の糸/Threads of Disloyalty


[編集] エターナル

エターナル環境では、行き詰まり/Standstillドロー手段に、ミシュラランドダメージクロックフィニッシャーに据えたランドスティルと呼ばれるタイプが主流。


Mishra's Factory / ミシュラの工廠
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(1):ターン終了時まで、ミシュラの工廠は2/2の組立作業員(Assembly-Worker)アーティファクト・クリーチャーになる。それは土地でもある。
(T):組立作業員クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+1の修整を受ける。



Standstill / 行き詰まり (1)(青)
エンチャント

プレイヤー1人が呪文を唱えたとき、行き詰まりを生け贄に捧げる。そうした場合、そのプレイヤーの対戦相手はそれぞれ、カードを3枚引く。


詳細はランドスティルを参照のこと。

また主にレガシーにおいて、奇跡呪文を軸に据えたタイプも活躍している。


Terminus / 終末 (4)(白)(白)
ソーサリー

すべてのクリーチャーをオーナーのライブラリーの一番下に置く。
奇跡(白)(あなたがこのカードを引いたとき、これがこのターンに最初に引いたカードだった場合、あなたはこれの奇跡コストを支払うことでこれを唱えてもよい。)


詳細は青白奇跡コントロールを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif