吸収/Absorb

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Absorb / 吸収 (白)(青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。あなたは3点のライフを得る。


ライフ回復付き対抗呪文/Counterspell

対抗呪文と治癒の軟膏/Healing Salveの回復効果とを一枚で実現しているため、非常に優秀なカード

3マナの確定カウンターと言うだけで標準性能は満たしているが、ライフゲインが「なんとかして序盤を生き延びる」と言う青白コントロールの方向性と非常に噛み合っており、青白コントロールをメタゲームの上位に押し上げるに至った。

当時最強を誇っていたファイアーズに対するアンチとして青白コントロールが注目されており、パーミッションと言えば青白、青白と言えばこれ、と言う具合に頻繁に使われていた。

デュアルランドが使えた頃のエクステンデッドでもパーミッションで1,2枚使用され、インベイジョン以降の時代では4枚積まれることも多かった。

  • 打ち消す事と、ライフを得る事は別個の効果なので、打ち消されない呪文を対象にして唱えてもライフは得られる。もちろん、対象不適正などで吸収そのものが打ち消されてしまえばライフは得られないが。
  • 自分で撃った呪文を打ち消してもライフを得られる。よほどの緊急事態で無い限りそんなことはしないだろうが……
  • 蝕み/Undermineと対になっている。あちらは3点ロスだが、パーミッションにとっては時間を稼ぐほうが重要。その点が蝕み/Undermineを使用することの多かったネザーゴーより青白コントロールが大会などで上位に位置した理由の1つかもしれない。実際、吸収や神の怒り/Wrath of Godのために青白の構成にしたネザーゴーも存在した。

[編集] 関連カード

回復効果付きのカウンター呪文

[編集] サイクル

インベイジョン・ブロックのオマケ付き多色確定カウンターサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif