ローウィン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ローウィン/Lorwyn
シンボル 炎族の頭部
略号 LRW
コードネーム Peanut
発売日 2007年10月12日
セット枚数 全301種類

ローウィン/Lorwynは、ローウィン・ブロックの大型エキスパンション。2007年10月12日に発売された。

目次

[編集] 概要

人間ドラゴン、アンデッドといった脅威となる種族がいない平和で穏やかな次元ローウィン/Lorwynを舞台とする。

部族を主要テーマとし、ゴブリンエルフキスキンエレメンタルマーフォークフェアリー巨人ツリーフォークの8種類の部族が登場する。1つの部族が2以上にまたがっていたり、他部族間でシナジーを有するカードが存在したりと、従来より複雑な味付けが特徴。これまで必ず登場してきた人間は登場していない。

部族ごとにしっかりと職業の設定がされており、多相の戦士以外はその部族によって大まかな傾向が決まり、職業によって能力が細分化している。

また、これまでカード化が避けられてきたプレインズウォーカーが、新カード・タイプとしてカード化。各色に1枚ずつ登場している。なお、カード化されたプレインズウォーカー達は設定上ローウィンに実在しない人間レオニンであり、ストーリーには関与しない。

新規キーワード能力覇権想起秘匿多相。そのうち多相は霧衣の究極体/Mistform Ultimusが持っていた「すべてのクリーチャー・タイプである。」という特性定義能力をキーワード能力化したもので、ローウィンに登場する多相の戦士は全て多相を持っている。新規キーワード処理激突

  • このセット発売に先立って、これまでのカードのクリーチャー・タイプ大再編が行われた。その内容は2007年9月サブタイプ変更を参照。
  • 日本語版のロゴがアルファベット表記にルビを付けるように「ローウィン」と書かれている。また、これまでフレイバー・テキストにはほとんど表記されなかった「かぎ括弧(「」)」も表記されている。
  • 第10版に引き続き、ブースター・パックにトークン・カード(全11種)もしくは豆知識カード(全5種)が封入される。
  • 基本土地は10人のアーティストの1枚の絵を2つに分割している。また、イラストにも特徴があり、山/Mountain島/Islandなどにも草地が描かれていたり、沼/Swampに花や明るい空が描かれていたりするなど、穏やかで肥沃な雰囲気が意識されている。

[編集] 主要部族と役割

部族 友好 敵対 特徴 枚数
キスキン 白緑 マーフォーク、エルフ、巨人、ツリーフォーク 攻撃時の誘発型能力先制攻撃 22
巨人 赤白 キスキン、ゴブリン 大型 16
マーフォーク 青白 キスキン、フェアリー、エレメンタル 渡りタップアンタップ 22
フェアリー 青黒 ゴブリン、エルフ 瞬速飛行 19
ゴブリン 黒赤 フェアリー、巨人、エレメンタル エルフ、ツリーフォーク 戦場墓地の循環 27
エルフ 緑黒 キスキン、フェアリー ゴブリン トークン生産、接死 24
ツリーフォーク 緑白黒 キスキン、エルフ ゴブリン タフネス偏重、森のサーチ・保護 16
エレメンタル 赤白青黒緑 ツリーフォーク 複数回起動により追加の効果が起こる起動型能力(赤のみ)、想起 35
多相の戦士 青白黒赤緑 クリーチャー・タイプを付与または消失させる、多相 19
  • 左端の色が、その部族が主に属する色である。
  • また、2部族間で相手を支援するカードが1枚でもあれば「友好」、逆に相手に対抗するカードが1枚でもあれば「敵対」とする。
  • 枚数は「部族エンチャント」なども含めるものとする。

[編集] 事前情報

以下の情報はMark Rosewaterがコラム「A Lorwyn / Lorwyn Situation(邦訳:ローウィンの状況)」の中で述べたものである。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif