アヴァシンの帰還

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
アヴァシンの帰還/Avacyn Restored
シンボル アヴァシン教会/The Church of Avacynの十字架
略号 AVR
コードネーム Roll
発売日 2012年5月4日
セット枚数 全244種類

アヴァシンの帰還/Avacyn Restoredは、イニストラード・ブロックの2番目の大型エキスパンション

目次

[編集] 概要

リリアナ/Lilianaの策略により獄庫/Helvaultが破壊され、囚われていたアヴァシン/Avacynが復活した。人間天使は力を取り戻し、怪物たちへの逆襲を開始する。一方、リリアナは本来の目的である、契約の悪魔グリセルブランド/Griselbrandの打倒を目指すが、その最中に復讐に燃えるガラク/Garrukに追いつかれてしまう。

キーワード能力結魂奇跡。またちらつき/Flickerに類似する効果の「明滅/Flickering」、単体のクリーチャーで戦う事を推奨する「単騎/Loners」、そのほかCIP死亡誘発がメカニズムとして取り上げられており、それぞれ「人間と天使側(団結と希望)」「怪物側(孤立と衰退)」のイメージで割り振られている。闇の隆盛に引き続き不死も登場する一方で、同ブロックでこれまで登場していた両面カードフラッシュバック呪いは登場していない。

には結魂も奇跡も与えられていないため、5色サイクルのようなものはないが、残虐の勝利/Triumph of Cruelty獰猛さの勝利/Triumph of Ferocityなどデザインが対となっているカードがいくつか存在する。

[編集] 「獄庫」イベント

プレリリースでは実際に獄庫/Helvaultが登場し、その封印を解放して中身を入手するイベントが行われる。解放するには達成カードに書かれている目標をクリアしなければならない。

獄庫の中身には解放されたアヴァシンのPOPが描かれている。下部には追加の賞品があり、統率者戦用の統率者カード54枚、天使デーモンが描かれた両面トークン108枚、スピンダウンカウンター54個が入っている。

  • 世界中におよそ6,000個の獄庫が配布された。アドバンス店舗に配布したうちの30個の獄庫には各カードがFoil仕様になっているほか、天使や悪魔をテーマとしたジャッジ褒賞のカードが入っている。(参考/翻訳)。

[編集] リミテッド

イニストラード・ブロックのエキスパンションだが、リミテッドではアヴァシンの帰還のみで行われる。

結魂を意識しすぎたあまり、エキスパンション内の除去の数が非常に少ない。後にMark Rosewaterが失敗だったと語る(参考/翻訳)ほどクリーチャーが横に並ぶ環境であり、そのため飛行などの回避能力持ちがより重宝される。

また、単騎を要求される(と一部の)のカードパワーが低かったこともあり、「アヴァシンの帰還の5色とは白青赤緑だ」と揶揄される事もあった。

[編集] 代表的な大会

[編集] 構築済みデッキ

[編集] エントリーセット

[編集] イベントデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Brian Tinsman (lead)
Mark L. Gottlieb
Dave Guskin
Kenneth Nagle
Bill Rose
Mark Rosewater
デベロップ・チーム David Humpherys (lead)
Mark Globus
Dave Guskin
Erik Lauer
Billy Moreno
Matt Sernett

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif