空の粉砕/Shatter the Sky

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shatter the Sky / 空の粉砕 (2)(白)(白)
ソーサリー

パワーが4以上のクリーチャーをコントロールしている各プレイヤーは、それぞれカードを1枚引く。その後、クリーチャーをすべて破壊する。


パワーが4以上のクリーチャーコントロールしているプレイヤードローできる全体除去

全体除去を使う側はクリーチャーを展開しないのが定石のため、ドローは基本的にデメリットの側面が強い。ウィニーデッキに対しては審判の日/Day of Judgmentと同じように働くが、登場時のスタンダードビートダウンデッキ恋煩いの野獣/Lovestruck Beast朽ちゆくレギサウルス/Rotting Regisaurなど3ターン目からパワー4以上のクリーチャーを展開してくることがあるため、デメリットは無視できない。しかし脱ぎ捨て/Cast Off次元の浄化/Planar Cleansingより軽くケイヤの怒り/Kaya's Wrathより色拘束が弱めの全体除去として、それらのカードと入れ替えたり併用する価値はある。

破壊不能を持つパワー4以上のクリーチャーとの併用により対戦相手のクリーチャーを一掃しつつドローするのも有効な活用法。自身だけでなく他のクリーチャー1体を守ることができる黒き剣のギデオン/Gideon Blackbladeとはとりわけ相性が良い。

スタンダードでは青白コントロールの強化パーツとなったのを皮切りに、白を含む中低速デッキの全体除去カードとして高い採用率を誇っている。

[編集] ルール

  • パワー4以上のクリーチャーを何体コントロールしていても、引けるカードは1枚である。
  • どのプレイヤーもカードを引かなかったとしても、クリーチャーはすべて破壊される。
  • カードを引いてからクリーチャーを破壊するので、ドローに関する誘発型能力常在型能力置換効果)を持つクリーチャーがいる場合、その能力はまだ有効である。

[編集] ストーリー

ヘリオッド/Heliodの横暴をきっかけに神々亜神を立てた戦争を始め、定命の者にまでその被害は及んだ(イラスト)。だが彼らは再建するだろう、これまでもそうして来たのだから。そしてこれからも祈り続けるだろう――それは少しだけ信仰心からではなく、恐怖からになるかもしれないが、ともかく祈り続けるだろう[1]

神々が戦争を始めると、定命の者が高い代償を支払う。

[編集] 脚注

  1. The Theros Beyond Death Story on Cards/『テーロス還魂記』ストーリーカード(Feature 2019年12月16日 Wizards of the Coast著)

[編集] 参考

QR Code.gif