夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ashiok, Dream Render / 夢を引き裂く者、アショク (1)(青/黒)(青/黒)
伝説のプレインズウォーカー — アショク(Ashiok)

対戦相手がコントロールしている呪文や能力は、それのコントローラーにそのプレイヤーのライブラリーからカードを探させることができない。
[-1]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上からカードを4枚自分の墓地に置く。その後、各対戦相手の墓地を追放する。

5

青黒混成カードとして登場した2枚目のアショク常在型能力対戦相手サーチ禁止。忠誠度能力ライブラリー破壊+墓地追放

常在型能力
対戦相手が自身のライブラリー探すことを禁止する。
サーチカードによるシルバーバレット戦術や、土地のサーチによるマナ加速などを妨害できる。しかしスタンダード向けカード・セットではシャッフルの代わりに衝動効果が多用されるようになっていることもあり(詳細は切り直すおよび衝動の項を参照)、制限できる効果がある程度限られてしまうのが残念。
一方、フェッチランドが多用されるモダン以下のフォーマットでは足回りを大きく制限することができ、一部のコンボデッキを機能不全に陥らせることもできる。
-1能力
4枚のライブラリー破壊に加えて墓地を追放する。
多くのライブラリー破壊能力では墓地を参照する効果(再活宿根など)を強化してしまうおそれがあるが、この能力は後腐れ無くライブラリー破壊を行え、同時に墓地対策としても機能する点が嬉しい。また、対象に関係なく対戦相手の墓地のみを追放するため、能力の対象を自分にすることで墓地肥やしとしても利用できる点も覚えておきたい。

基本的に-1能力を利用したライブラリー破壊デッキで用いることになる。登場時点のスタンダードでは墓地追放によるイゼット・フェニックス戦慄衆の指揮対策の役割が主に見込まれるが、イゼット・フェニックスでは併用される弾けるドレイク/Crackling Drakeが追放した分も強化されてしまう(そのため、対戦相手を対象にすることにリスクがある)こと、戦慄衆の指揮デッキは戦慄衆の指揮/Command the Dreadhordeがこちらの墓地から蘇らせるだけで十分エンドカードとなりうることに注意。基本セット2020後は、常在型能力によってスケープシフトの土地サーチ呪文を無効化できるため、色の合うデッキでサイドボードに採用されることがある。

リミテッドでは1人で対戦相手のライブラリーを最大で半壊させることが可能であるため、フィニッシャーになり得る。アンコモンなので複数枚確保することも現実的で、テフェリーの時間改変/Teferi's Time Twist増殖など勝ち筋をライブラリー破壊に依存しない形で使用回数を増やせる手段も多い。

[編集] ルール

常在型能力
  • 呪文能力コントローラー」「探すことを行うプレイヤー」「探すライブラリーの持ち主」の3つが同一のプレイヤーで、かつあなた対戦相手である場合のみ、探すことを禁止する。
    • 対戦相手Aの呪文や能力が他のプレイヤーBにBのライブラリーを探させることはできる。
    • あなたの呪文や能力が対戦相手AにAのライブラリーから探させることはできる。
  • 「あなたのライブラリーから~を探し~その後あなたのライブラリーを切り直す。」と書かれた効果の場合、対戦相手はライブラリーからカードを探すことはできないが、自分のライブラリーは切り直す。
  • 「あなたはあなたのライブラリーから~を探してもよい。そうしたなら~あなたのライブラリーを切り直す。」や「あなたは『あなたのライブラリーから~を探し~その後あなたのライブラリーを切り直す。』を選んでもよい。」と書かれた効果の場合、対戦相手はライブラリーからカードを探すことを選べないので、ライブラリーを切り直すこともできない。
-1能力
  • 対戦相手を対象に取って起動したなら、この能力で墓地に置いたカードも一緒に追放される。カードが墓地に置かれてから追放されるまでの間に、どのプレイヤーも行動することはできない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦混成プレインズウォーカーサイクル常在型能力誘発型能力と、マイナスの忠誠度能力を1つずつ持つ。いずれもアンコモン。2色の組み合わせそれぞれに1枚ずつ存在する。

[編集] 開発秘話

このカード混成プレインズウォーカーサイクル青黒であり、両の数少ない重複部分であるライブラリー破壊のマイナス能力だけを持つプレインズウォーカーとして作られた。キャラクターは必然的に、唯一の精神を弄ぶ青黒プレインズウォーカーであるアショクに決まった。

後にすべてのプレインズウォーカーは常在型能力誘発型能力を持つことになった。このカードの能力を決めるのは難航したが、最終的に狭いもののライブラリーに関する能力が与えられた[1]

[編集] ストーリー

アショク/Ashiokは、ラヴニカ/Ravnicaに呼び寄せられた正体不明のプレインズウォーカー/Planeswalker

詳細はアショク/Ashiokを参照。

[編集] 脚注

  1. War Games/大戦のゲームMaking Magic 2019年4月22日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif