ミラディンの傷跡

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ミラディンの傷跡/Scars of Mirrodin
シンボル 剃刀ヶ原のタイルに黒い染み
略号 SOM
コードネーム Lights
発売日 2010年10月1日
セット枚数 全249種類

ミラディンの傷跡/Scars of Mirrodinは、ミラディンの傷跡ブロックの大型エキスパンション

目次

[編集] 概要

ストーリー的にもゲームシステム的にも、ミラディン・ブロックの続編であり、メムナーク/Memnarchの支配から解き放たれた金属次元ミラディン/Mirrodinが再び舞台となる。メムナークを狂わせた黒い油の正体、かつてドミナリア/Dominariaを襲撃したファイレクシア/Phyrexiaの残党がミラディンを侵食し始める。

ゲーム上の特徴としては、セット全体の3分の1をアーティファクトカードが占め、アーティファクトに関連したカードも多数登場する、-1/-1カウンター蓄積カウンターといったカウンターを用いるカードが多いなどミラディンの特徴を受け継ぎつつもアーティファクト・ブロックとしての新たな可能性を提示している。またミラディン由来のカードの再録リメイクも多い。

キーワード能力感染、新能力語金属術、新キーワード処理増殖(を行う)。刻印能力語として復活している。

基本土地プレインズウォーカー以外のすべてのカードの文章欄に、陣営を表すシンボルが透かし状に記されている(ミラディン陣営,ファイレクシア陣営)。こうした試みはラヴニカ・ブロック以来である。

[編集] 陣営デッキ

ミラディンの傷跡のゲームデーにおいて、『陣営デッキ構築ルール』が適用される。スタンダード構築に加え、同じ陣営のカードを10枚以上をメインデッキに入れ、なおかつ、敵対陣営のカードをメイン・サイドボード共に1枚も入れないと陣営デッキとして成立する。各陣営上位2人がミラディン包囲戦のプレビューカードが手に入れられる。ミラディン陣営側は平和の徘徊者/Peace Strider、ファイレクシア陣営側は貫く徘徊者/Pierce Strider

[編集] エントリーセット

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mark Rosewater (lead)
Mark Gottlieb
Alexis Janson
Erik Lauer
Matt Place
Mark Globus
Nate Heiss
開発チーム Mike Turian (lead)
Aaron Forsythe
Erik Lauer
Mark Purvis
Matt Place

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif