呪文嵌め/Spell Snare

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Spell Snare / 呪文嵌め (青)
インスタント

点数で見たマナ・コストが2である呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


ディセンションで登場した、2マナ呪文限定のカウンター呪文。

対象に取れる呪文が限定的なので一見使いにくいように見えるかもしれないが、ほとんどのデッキには2マナの呪文が含まれているので、完全に役に立たないということはまず無い。

実際神河ブロックラヴニカ・ブロックスタンダードだけを見ても、各種ウィニークリーチャー梅澤の十手/Umezawa's Jitte桜族の長老/Sakura-Tribe Elder差し戻し/Remandなど、2マナ域でトーナメントレベルのカードは多数存在している。

対戦相手先攻でも相手2ターン目の呪文を打ち消せるのは非常に優秀。テンポ・アドバンテージに加え、後半に対戦相手のマナが伸びてもマナ漏出/Mana Leak等のように無駄にはなりにくいので使いやすい。

レガシーモダン環境では、非常に頻繁に用いられるカウンター呪文の1つである。軽量カードが多用される環境なので、のデッキを組む場合にマナ漏出/Mana Leak対抗呪文/Counterspellよりも優先して採用される事が多い。

[編集] フレイバー・テキスト

ディセンション版のフレイバー・テキストはちょっとしたシャレ。治安が悪いラヴニカ/Ravnicaのことを解説したものだが、「ラヴニカ・ブロックでは、点数で見たマナ・コストが2である呪文を使うときには警戒する必要がある」という意味にも読める。

どの文明にも縁起の悪い数字はある。一人でいるか、群衆の中か、さもなくば後ろから不意打ちされるかって都市に住んでいるなら、最悪の数字は二ってことになる。
(出典:ディセンション)

バトルボンドに収録された際、新規フレイバー・テキストが与えられた。モダンやレガシーで熟練プレイヤー達に愛用されていることを踏まえてのものだろう。

練習を積めば、この規模の魔法にも熟達の境地が訪れる。
(出典:バトルボンド)

[編集] 参考

QR Code.gif