剣を鍬に/Swords to Plowshares

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Swords to Plowshares / 剣を鍬に (白)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。それのコントローラーは、そのパワーに等しい点数のライフを得る。


マジック最強クラスのクリーチャー除去呪文。たった1マナで無条件にクリーチャーを追放できるのに、その反動がコントローラーに幾らかのライフを与えるだけ。黎明期にはライフ回復が不当に重視されていたことをよく示しているカードである。

使用可能なフォーマットではコントロールデッキに確実に採用されるだけでなく、このカードを入れるために白をタッチすることもあるほど。特にエターナルではその傾向が強く、単体除去の代名詞的存在となっている。

[編集] 訳語・読み方

俗称は「ソープロ」または「けんすき」。英語の頭文字からStP,StoPなどとも呼ばれる。→カードの俗称

ただし公式訳は「けんすきに」では無く「つるぎすきに」。「鍬」は「くわ」と読むことが多いが、「すき」とも読む。

  • イラストに描かれた農具は、持ち手の特徴から除草機能があることが知れる。「鍬(hoe)」はその機能はなく、本来は「鋤」を充てるのが妥当。意味上は「剣を鍬に」ではなく、「剣を鋤に」が正しい。
  • 「剣を鋤に」は聖書「イザヤ書」の一節(2章4節)が出典。また、ミカ書4章3節にもある。「剣を鋤に、槍を刈り取り鎌に」"their swords into plowshares and their spears into pruning hooks"この文章は国連本部の玄関口にも記されている。
  • 本来はplowだけで「鋤」を表し、 plowshareは「鋤の刃」の意。語呂の良さもあり引用元の聖書の多くの和訳と同様、カード名でも「刃」は省略。慣例に従った意訳といえる。ちなみに何故鋤の”刃”かというと、一般的に鋤の柄は木製なので金属製の剣を鋳直しても刃の部分にしかならないから。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

さすがに強すぎたということで、以後作られた亜種の大半はそれなりに弱められている。

[編集] 参考

QR Code.gif