饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sword of Feast and Famine / 饗宴と飢餓の剣 (3)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(黒)とプロテクション(緑)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨て、あなたはあなたがコントロールする土地をすべてアンタップする。
装備(2)


黒緑に対するプロテクションを付与し、誘発型能力手札破壊土地アンタップを行う。

プロテクション(黒)は言うまでもなく除去耐性として機能し、プロテクション(緑)もゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikarカルニの庭/Khalni Gardenトークンなどに妨害されず攻撃通せるのでなかなか役に立つ。

手札破壊は対戦相手に選ばせてしまうので効果が薄いが、それでもカード・アドバンテージを稼げるのが強力。土地のアンタップは装備品の欠点であるテンポの悪さを見事に補ってくれる能力で、つけ替えによるブロッカー強化も楽に行える。ミシュラランドと組めば返しのターンの守りも磐石にできる。

土地をアンタップする能力によりカウンターを構えやすくなり、かつ、手札破壊により対戦相手の反撃の目を摘み取ることができるため、特にクロック・パーミッションというアーキタイプに合致している。一方で、誘発型能力は両方とも戦場に触れず、状況によっては腐るという欠点を持っている。

ミラディン包囲戦登場当初から活躍を見せ、対をなす肉体と精神の剣/Sword of Body and Mindと合わせて石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mysticからサーチされることが多い。Caw-GoがCaw-Bladeへと進化してメタゲームの中心となる基盤となったほか、白単アーマー赤白上陸など、採用するビートダウンは数多い。包囲戦参入直後のプロツアーパリ11でもベスト8中7人が使用していた。

エクステンデッドでもクロック・パーミッションのフェアリーに採用される他、上記石鍛冶の神秘家と合わせて白ウィニーナヤビートダウンでも活躍している。またプロテクションからジャンドの天敵であり、同デッキを環境から駆逐した張本人でもある。

リミテッドではもちろん大活躍する。黒と緑はファイレクシア/Phyrexia陣営の主力の色なので、ファイレクシア・デッキには特に有効。

  • サイクルの他のカードに比べ、あまり見かけない組み合わせの2語がカード名に使われている。通例なら黒と緑は「死」と「生」として対置されそうだが、能力の内容に合わせてこの名前になったと思われる。なお、時代は古くなるが饗宴か飢餓か/Feast or Famineという同じ2語を対比したカードが既に存在する。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

メガ・サイクル装備したクリーチャーに+2/+2の修整を及ぼすとともに、2に対するプロテクションを付与する。また装備したクリーチャーがプレイヤー戦闘ダメージ与えるたび、対応する2色をイメージした効果を発生させる誘発型能力を持つ。

ダークスティール
ミラディンの傷跡ブロック
モダンホライゾン

[編集] 参考

QR Code.gif