呪文貫き/Spell Pierce

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Spell Pierce / 呪文貫き (青)
インスタント

クリーチャーでない呪文1つを対象とする。そのコントローラーが(2)を支払わないかぎり、それを打ち消す。


1マナ軽い代わりに、リスティック版となった否認/Negate。または、対象に取れる呪文が限定された代わりに支払わせるマナが増えた魔力の乱れ/Force Spike

軽量のカウンター呪文は、その存在自体がいくらかの牽制になり得る。パーミッション側と対パーミッション側、双方のプレイングに影響を与えている一枚。特に砕土/Harrow壊滅的な召喚/Devastating Summonsなどの重い追加コストを持つ呪文は、唱えるタイミングを慎重に選ぶ必要が出てくる。

登場時のスタンダードクリーチャー戦主体で今一つ活躍できなかったが、ローテーションにより多くのコントロールデッキに投入されるようになった。環境のトップメタヴァラクートや青系コントロール、白単アーマーなどが浮上してきたため、軽量カウンターでテンポ・アドバンテージを握ることが重要になったのだ。いずれも非クリーチャー呪文が序盤で重要な役目をするデッキなのも追い風。イクサラン再録された際には、デッキの動きを阻害しない軽さを評価されて青単アグロ青単テンポに採用された。

時のらせんブロック期・ローウィン・ブロック期のエクステンデッドでは主にフェアリーマーフォークで使用されている。クロック・パーミッションの形を取るこれらのデッキにとって、1マナで全体除去を牽制できるこのカードは優秀なカード。また、先攻2ターン目の苦花/Bitterblossomというフェアリーの黄金パターンを阻止できるのも重要な点。

エターナル、特にクリーチャーの絶対数が少ないヴィンテージでは広く使用されている。高速な環境を生き残るためにマナ基盤がタイトなデッキが多数であるため、重要な序盤戦を牽制できるこれは非常に強力である。相手がマナを支払えるようになった場合でも意志の力/Force of Willのエサにできる点もポイント。ただし狼狽の嵐/Flusterstormもあるので、メタゲーム次第でどちらを使うのかは選択の余地がある。

[編集] 参考

QR Code.gif