打ち消す

提供:MTG Wiki

打ち消しから転送)
移動: 案内, 検索

打ち消す/Counterは、キーワード処理の1つ。イメージは「反論」「呪文や魔力による妨害」。


Counterspell / 対抗呪文 (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


目次

[編集] 定義

  1. 呪文を打ち消す」とは、その呪文をスタックから取り除き、墓地に移動させることである。
  2. 能力を打ち消す」とは、その能力をスタックから取り除くことである。

[編集] 解説

[編集] ルール

  • 打ち消された呪文や能力は解決されないので、効果は生じない。また、一度支払ったコストは、呪文や能力が打ち消されても戻ってこない。
  • 呪文や、スタック上の起動型能力および誘発型能力は、それらを「打ち消す」とする効果によって打ち消される。
  • 「ルールによって打ち消される」場合がある。具体的にルール上に定義されているものとして、「対象を取る呪文や能力は、解決時にその対象すべてが不適正になっていた場合、打ち消される」というものがある(→立ち消え)。
  • ポータル環境には「打ち消す」という概念自体が存在しないため、代わりに「何の効果も生み出さず、そのオーナー墓地に置かれる」と記述されていた。現在ではオラクル改訂ですべて「打ち消す」に変更されている。
  • 対抗呪文/Counterspellなどの、対象をとる打ち消し呪文(を含めたすべての呪文)は、スタック上のその呪文自身を対象にとることはできない。

[編集] その他

転じて、呪文能力を打ち消すこと、あるいはその効果を生じる呪文や能力、またはそのような能力を持つパーマネントのことを、「打ち消し」と呼ぶ。

打ち消しはの特徴の1つであり、ドローバウンスとともに青の性質を表す要素の1つである。他のでも不可能な行動ではないが、青のカードと比較すると性能は低めに設定されている。

打ち消しの質はオデッセイ・ブロックあたりからしばらく低下していた。特に、打ち消し呪文の代名詞と言える対抗呪文/Counterspell第8版再録されなかったことは、その代表的な事例であり、多くのプレイヤーに衝撃を与えた出来事である。しかし、フィフス・ドーンあたりから盛り返し、卑下/Condescend邪魔/Hinderなどの有用なカードも登場した。

この手のカードを試合に使うと試合時間が長くなりがちという、カードバランスなどとは別の所に問題がある。カジュアルプレイではまだしも、認定大会の試合で時間がかかるというのは、トーナメント進行上問題になり得るのである。

  • 「カウンターパンチ」や「カウンター攻撃」といった単語から連想したのか、偏向/Deflection呪文乗っ取り/Spelljackといった「呪文を跳ね返す」効果と勘違いをされる事もあった。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif