至高の評決/Supreme Verdict

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Supreme Verdict / 至高の評決 (1)(白)(白)(青)
ソーサリー

至高の評決は打ち消されない。
すべてのクリーチャーを破壊する。


打ち消されなくなった審判の日/Day of Judgment

特にクロック・パーミッションに対して強力なキラーカードとなる。審判の日の亜種には珍しく点数で見たマナ・コストが4のままであり、通常のビートダウンに対する全体除去としての性能も十分。

ただし色拘束の強さは問題であり、色事故が頻発するようであればせっかくの軽さを活かせないので、できるだけしっかりとしたマナ基盤を用意したい。また、同ブロックにはボロスの魔除け/Boros Charmゴルガリの魔除け/Golgari Charm根生まれの防衛/Rootborn Defensesのような対策カードが存在することにも注意が必要。これらに対応する為払拭/Dispelなどは握っておいた方がいいかも知れない。特にリミテッドでは前2つがアンコモンに対し根生まれの防衛はコモンで、卓内に多く出回る事もあるため要注意。

スタンダードでは入れ替わりで審判の日が落ちたこともあり、青白コントロール緑白青コントロールでは重要なカードとなっている。似たような役割の終末/Terminusとの選択、あるいは併用されることもしばしば。ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocratスラーグ牙/Thragtuskなど、これだけでは除去しきれないクリーチャーも少なくないので注意が必要だが、聖トラフトの霊/Geist of Saint Traftのような呪禁クリーチャーへの対策にもなるため存在意義は大きい。

モダンでも採用を考えられる1枚で、特にけちコントロールにとってはカード名違いの全体除去が増えたことは大きい。

  • 数少ない、でもでもない打ち消されないカード。これは過去の最後の言葉/Last Wordの例から、にも赤と緑に次ぐ3番目の地位として打ち消されないという役割を与えたものである(Card Day's Night)。
  • ラヴニカへの回帰BOX特典カードブースターBOX購入者にイラスト違いのプレミアム・カードが配布された(参考)。
  • supreme や verdict という英単語は司法用語で一般的に使われる。例えば最高裁判所のことを the Supreme Court といい、また (the) supreme penalty (最高の刑、極刑)といえば、婉曲的に死を課す刑、死刑のことである。本カードのsupremeは(日本語訳の「至高の」はなかなかに高尚だが、)カードの効果を見れば、この後者と全く同じ使用法である。
  • ストーリー上ではギルドパクト/Guildpactの最終保険として、10のギルドが協力しない場合に発動、第10地区/The Tenth District自体を吹き飛ばすという代物である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰打ち消されないカードサイクル。いずれも2レア

[編集] 参考

QR Code.gif