時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Teferi, Time Raveler / 時を解す者、テフェリー (1)(白)(青)
伝説のプレインズウォーカー — テフェリー(Teferi)

各対戦相手はそれぞれ、自分がソーサリーを唱えられるときにのみ呪文を唱えられる。
[+1]:あなたの次のターンまで、あなたはソーサリー呪文をそれが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。
[-3]:アーティファクトかクリーチャーかエンチャント、最大1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。カードを1枚引く。

4

プレインズウォーカーとしては4枚目のテフェリー対戦相手呪文唱えられるタイミングを制限する常在型能力と、ソーサリー呪文のインスタントプレイ許可、パーマネントバウンスドローの2種類の忠誠度能力を持つ。伝説のクリーチャーとしてカード化されたザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfirの面影を残している。

常在型能力
ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfirと同様に、対戦相手ソーサリー・タイミングでの行動を強いる。
このカードの中心となる能力で、打ち消しの無力化をはじめとした対コントロール向けの能力。荒野の再生/Wilderness Reclamationを中心とするターボネクサスに対しても効果的。
ザルファーの魔道士、テフェリーと比べても3マナと格段に軽いのが凶悪であり、対戦相手のデッキによっては投了ものであるこの能力を容易に設置できる。
この能力の性質により「打ち消されなければ出したターン中に除去されにくく、ひいては次のターンに除去を持ち越すことになってしまう対戦相手のマナの使い道を縛る」という、即時対処が基本となるプレインズウォーカーとして他にない極めて大きな強みを持つ。
+1能力
1ターンの間、ソーサリー呪文のインスタントプレイを可能にする。
全体除去手札破壊を対戦相手のターンに撃てるのは有用ではあるが、他2つの能力と比べるといささか地味で、忠誠度を上げるためだけに使う場面も多い。この能力があるからといって、無理にデッキのソーサリー比率を高くする必要はない。が得意とする単体追放ソーサリーやリセットソーサリーとの相性は良好。
とはいえ、スタンダードエスパー・ヒーローにおける対戦相手のドロー直後の思考消去/Thought Erasureに始まり、プレイング面での活用の幅の広さは環境でも活用されている。常在型能力とあわせて風景の変容/Scapeshiftなどの重めのソーサリーを通す機会を伺うサポートとしても優秀で、特にテフェリー自身に除去や戦闘ダメージが向いた隙を突く運用が効果的。
-3能力
アーティファクトクリーチャーエンチャントバウンス+1ドロー
テンポ・アドバンテージカード・アドバンテージに直結する、シンプルながら優秀な能力。3マナでバウンス+ドローのソーサリーと考えてもそれなりの性能である。
余裕があれば自分のETBを使いまわす用途にも使うことができ、大量のアドバンテージを得られる。無論、相手のETB持ちパーマネントに使う際は注意。
何より、凶悪な常在型能力を持ち除去への対応を封じられるこのカード自身が除去能力を持っていることが大きく、序盤はクロック要員を確実に1体押し留めてプレイヤーひいてはこのカードを守り、終盤はフィニッシャーに対処し、出し直されると困るものも対応不能の打ち消しで処理したりでき、常在型能力だけでは覆せない不利な形勢も自力で覆すことができる。
プレインズウォーカーは対象にできず、他の2つの能力もプレインズウォーカーを主体としてソーサリー・タイミングで動くデッキには効果が薄いため、それらにはやや相性が悪い。とはいえプレインズウォーカーが一般的に広く使うトークン生成には強いのでサイドアウトの判断はよく考えたい。

3マナにしてゲームを支配できる常在型能力を持ちながら盤面にも即時干渉できる、非常に強力なプレインズウォーカー。登場時のスタンダードでは、各種プレインズウォーカー・コントロールからエスパー・ヒーローバント・ミッドレンジといったミッドレンジデッキに至るまで、幅広く使われている。この活躍の影響で、環境からは打ち消し呪文が大きく減少した。その性質はモダン以下の環境でも非常に有効であり、同セットの覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veilsと並んでフォーマットを問わず使われている。

他方リミテッドでは、存在するだけでカードアドバンテージを効率的に稼げるタイプではないので構築ほどの存在感はないながらも、誤算が少ない能力ではありデッキカラーが合えば採用には足る。

  • 日本語名の読みは「ときをほぐすもの」。

[編集] ルール

常在型能力
-3能力
  • 「最大」1つなので、対象を取らずに起動することも適正である。その場合、解決時には単にカードを1枚引く
  • 対象を取って起動し、その対象が解決時までに不正な対象になっていた場合、この能力は解決されず、カードを引くこともできない。

[編集] 関連カード

[編集] 開発秘話

テフェリーはゲートウォッチ/The Gatewatchの一員であることからレアになり、3つの能力を持つことが決まった。常在型能力とプラス能力は彼の時間操作能力を表すものとなり、マイナス能力は白青の得意とするコントロール戦略と噛み合うものとなった。最終的にこのカードは単色に近いデザインとなったが、開発部はカード全体としての動きが気に入っており、かつテフェリーを白青にしたかったことから、そのまま印刷に至った[1]

[編集] ストーリー

ニコル・ボーラス/Nicol Bolasの計画を阻止するため、ゲートウォッチ/The Gatewatchの仲間たちとともにラヴニカ/Ravnicaへと渡ったテフェリー/Teferi

詳細はテフェリー/Teferiを参照。

[編集] 脚注

  1. Even More War Games/さらにさらなる大戦のゲームMaking Magic 2019年5月6日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif