『ゼンディカーの夜明け』チャンピオンシップ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

『ゼンディカーの夜明け』チャンピオンシップ/Zendikar Rising Championshipは、2020年Magic: The Gathering Arenaを用いてオンラインで行なわれた、スタンダードヒストリックチャンピオンシップ

目次

[編集] 概要

スタンダード部門の使用率は、グルール・アドベンチャーが23.9%で首位となり、緑単フードの17.4%、ディミーア・ローグの16.8%と続いた[1]

ヒストリック部門の使用率は、サクリファイス黒赤黒赤緑を合わせて30.4%で首位となり、スゥルタイ・ミッドレンジタッチを含む)が28.3%が僅差で2位、少し離れてゴブリンが12.5%となった[1]。しかし、サクリファイスはトップ8に残ることはできなかった。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

順位 プレイヤー名 スタンダードの使用デッキ ヒストリックの使用デッキ
優勝 Bradley Barclay ディミーア・コントロール アゾリウス・コントロール
準優勝 Autumn Burchett グルール・アドベンチャー ゴブリン
第3位 Andrea Mengucci エスパー・ドゥーム 4色ミッドレンジ
第4位 Tomáš Pokorný 緑単フード 4色ミッドレンジ
第5位 Luca Magni ディミーア・ローグ 4色ミッドレンジ
第6位 Brad Nelson 緑単フード 4色ミッドレンジ
第7位 Jan-Moritz Merkel グルール・アドベンチャー スゥルタイ・ミッドレンジ
第8位 Gabriel Nassif 緑単フード スゥルタイ・ミッドレンジ

[編集] 賞金

賞金額はすべてUSD。

順位 賞金
1 15,000
2 12,000
3 9,000
4 7,000
5-6 5,000
7-12 4,000
13-28 3,000
29-58 1,500
59-92 1,000
93- 500

総額25万ドル。

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 Zendikar Rising Championship Metagame Breakdown/『ゼンディカーの夜明け』チャンピオンシップ メタゲームブレイクダウン

[編集] 参考

2020年-2021年シーズン
世界選手権 世界選手権
チャンピオンシップ ゼンディカーの夜明け - カルドハイム - ストリクスヘイヴン
リーグ・ウィークエンド ゼンディカーの夜明け - カルドハイム - ストリクスヘイヴン
ガントレット MPL - ライバルズ - チャレンジャー
その他 マジック・プロリーグ - ライバルズ・リーグ - 日本選手権20( - - ファイナル) - 日本選手権21(SEASON1 - SEASON2
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-20052006200720082009201020112012201320142015201620172018201920202020-2021
QR Code.gif