ビッグ・マナ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ビッグ・マナ(Big Mana)は赤緑を中心にしたコントロールないしはビート・コントロールステロイドよりも速度が遅く、アドバンテージの獲得が軸になる。

別名「マナ・ランプ(Mana Ramp)」。元は時のらせんブロック構築発祥のデッキだが、第10版ローウィンで強力なパーツを入手し、スタンダードでも頭角を現している。

目次

[編集] 概要


Wall of Roots / 根の壁 (1)(緑)
クリーチャー — 植物(Plant) 壁(Wall)

防衛
根の壁の上に-0/-1カウンターを1個置く:あなたのマナ・プールに(緑)を加える。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。

0/5


Bogardan Hellkite / ボガーダンのヘルカイト (6)(赤)(赤)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

瞬速
飛行
ボガーダンのヘルカイトが戦場に出たとき、好きな数のクリーチャーとプレイヤーの組み合わせを対象とする。ボガーダンのヘルカイトはそれらに、5点のダメージを望むように割り振って与える。

5/5

各種マナ加速から火力によるコントロール大型クリーチャー召喚へと繋ぐ。調和/Harmonize全体火力などでカード・アドバンテージも稼ぐ。

大振りなデッキゆえにパーミッションとの相性が非常に悪い。

[編集] ローウィン=シャドウムーア・ブロック期+アラーラの断片ブロック期

アラーラの断片ブロック参入後では、ジャンドカラーで組まれることが多い。


Broodmate Dragon / 若き群れのドラゴン (3)(黒)(赤)(緑)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

飛行
若き群れのドラゴンが戦場に出たとき、飛行を持つ赤の4/4のドラゴン(Dragon)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

4/4


Violent Ultimatum / 暴力的な根本原理 (黒)(黒)(赤)(赤)(赤)(緑)(緑)
ソーサリー

パーマネント3つを対象とし、それらを破壊する。


時のらせんブロックの退場により貴重なドローソースであった調和/Harmonizeが抜けてしまったため、安定性が失われてしまった。溶岩崩れ/Lavalancheや、暴力的な根本原理/Violent Ultimatum等のカードパワーの高さでそれを補う形となる。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (7)
2 若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon
2 カメレオンの巨像/Chameleon Colossus
2 雲打ち/Cloudthresher
1 ジャンドの暴君、カーサス/Karrthus, Tyrant of Jund
呪文 (30)
3 苦悩火/Banefire
3 不屈の自然/Rampant Growth
3 肥沃な大地/Fertile Ground
2 溶岩崩れ/Lavalanche
3 ジャンドの魔除け/Jund Charm
3 野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
4 大渦の脈動/Maelstrom Pulse
1 終止/Terminate
3 原初の命令/Primal Command
2 恐怖/Terror
1 暴力的な根本原理/Violent Ultimatum
2 火山の流弾/Volcanic Fallout
土地 (23)
3 森/Forest
2 沼/Swamp
1 山/Mountain
3 火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket
3 反射池/Reflecting Pool
3 野蛮な地/Savage Lands
3 樹上の村/Treetop Village
3 黄昏のぬかるみ/Twilight Mire
1 鮮烈な岩山/Vivid Crag
1 鮮烈な湿地/Vivid Marsh
サイドボード
4 耳障りな反応/Guttural Response
3 思考の粉砕/Mind Shatter
2 蔓延/Infest
2 真髄の針/Pithing Needle
3 思考の大出血/Thought Hemorrhage
1 終止/Terminate

[編集] 時のらせんブロック+ローウィン=シャドウムーア・ブロック期

時のらせんブロックローウィン=シャドウムーア・ブロック期のスタンダードにおいても大きな影響を持つデッキタイプ


Garruk Wildspeaker / 野生語りのガラク (2)(緑)(緑)
プレインズウォーカー — ガラク(Garruk)

[+1]:土地2つを対象とし、それらをアンタップする。
[-1]:緑の3/3のビースト(Beast)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-4]:ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+3/+3の修整を受けるとともにトランプルを得る。

3


Molten Disaster / 溶鉄の災難 (X)(赤)(赤)
ソーサリー

キッカー(赤)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(赤)を支払ってもよい。)
溶鉄の災難がキッカーされていた場合、それは刹那を持つ。(この呪文がスタックにあるかぎり、プレイヤーは呪文を唱えられず、マナ能力でない起動型能力を起動できない。)
溶鉄の災難は、飛行を持たない各クリーチャーと各プレイヤーにそれぞれX点のダメージを与える。


時のらせんブロック構築と基本的な動きは変らず、マナ加速を繰り返し、ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderに繋ぐのが基本。序盤をタルモゴイフ/Tarmogoyf火葬/Incinerateが支える。

初期は野生語りのガラク/Garruk Wildspeakerとのシナジーを考慮し肥沃な大地/Fertile Groundを投入したタイプがほとんどだった。しかし、バウンス同系対策として用いられるムウォンヴーリーの酸苔/Mwonvuli Acid-Mossには非常に脆いので、北方行/Into the North占術の岩床/Scrying Sheetsの組み合わせを利用した「スノウ・ランプ/Snow Rump」とも呼ばれる氷雪型が主流になった。定番の火葬/Incinerateに加え雪崩し/Skredが使えるのが強み。それに加えてファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfootを有効利用できる。

3色目にタッチし、永劫の年代史家/Aeon Chroniclerが投入される場合も多い。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (17)
4 根の壁/Wall of Roots
3 ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite
2 雲打ち/Cloudthresher
1 敵愾/Hostility
3 タルモゴイフ/Tarmogoyf
4 包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander
呪文 (20)
4 明日への探索/Search for Tomorrow
4 調和/Harmonize
1 分解/Disintegrate
3 肥沃な大地/Fertile Ground
3 野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
4 火葬/Incinerate
1 溶鉄の災難/Molten Disaster
土地 (23)
4 森/Forest
3 燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows
4 カープルーザンの森/Karplusan Forest
5 山/Mountain
1 ペンデルヘイヴン/Pendelhaven
4 樹上の村/Treetop Village
2 ウルザの工廠/Urza's Factory
サイドボード
2 古えの遺恨/Ancient Grudge
3 砕岩を食うもの/Detritivore
2 ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
1 溶鉄の災難/Molten Disaster
4 ムウォンヴーリーの酸苔/Mwonvuli Acid-Moss
1 原基の印章/Seal of Primordium
2 硫黄破/Sulfurous Blast

[編集] 時のらせんブロック構築

時のらせんブロック構築では、スクリブ・アンド・フォース獣群の呼び声/Call of the Herdなどの優良クリーチャー軍団を火力でサポートする。


Mwonvuli Acid-Moss / ムウォンヴーリーの酸苔 (2)(緑)(緑)
ソーサリー

土地1つを対象とし、それを破壊する。あなたのライブラリーから森(Forest)カードを1枚探し、そのカードをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。



Stormbind / 嵐の束縛 (1)(赤)(緑)
エンチャント

(2),カードを1枚無作為に選んで捨てる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。嵐の束縛はそれに2点のダメージを与える。


動きはかつてのファイアーズフレッシュメーカーに近い。根の壁/Wall of Roots明日への探索/Search for Tomorrowなどからマナ加速大型クリーチャーにつなぐ構成になっており、デッキ名もここから来ている。当時は環境確定カウンターの枚数も少なく、確定除去に使い易いものがあまりなかったため、マナ加速からの大型クリーチャー召喚が有効だった。

調和/Harmonize嵐の束縛/Stormbindが息切れを防いでくれる。

未来予知参入後は、タルモゴイフ/Tarmogoyfなど優秀な小型クリーチャーが増え、軽量化したビートダウン赤緑プレデターがメインとなったが、根強い人気が有り、を足す方向で生きながらえることとなった。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (20)
4 幽体の魔力/Spectral Force
4 根の壁/Wall of Roots
3 スクリブのレインジャー/Scryb Ranger
3 ケルドの後継者、ラーダ/Radha, Heir to Keld
4 ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite
2 憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury
呪文 (18)
4 明日への探索/Search for Tomorrow
4 睡蓮の花/Lotus Bloom
4 ムウォンヴーリーの酸苔/Mwonvuli Acid-Moss
3 調和/Harmonize
3 嵐の束縛/Stormbind
土地 (22)
8 山/Mountain
1 ペンデルヘイヴン/Pendelhaven
9 森/Forest
2 菌類の到達地/Fungal Reaches
2 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
サイドボード
2 クローサの掌握/Krosan Grip
3 運命の盗人/Fortune Thief
2 古えの遺恨/Ancient Grudge
4 硫黄の精霊/Sulfur Elemental
4 鋸刃の矢/Serrated Arrows

[編集] 参考

QR Code.gif