論理の結び目/Logic Knot

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Logic Knot / 論理の結び目 (X)(青)(青)
インスタント

探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。)
呪文1つを対象とする。それのコントローラーが(X)を支払わないかぎり、それを打ち消す。


魔力消沈/Power Sinkの流れを汲む、未来X追加マナ要求系カウンター

墓地に十分なカードがあって、それを追放しても構わない後半ならばさながら対抗呪文/Counterspellのごとき働きをする。

構築でも積極的に墓地を肥やせるデッキで使いたいところだが、探査の性質上墓地利用との相性は悪い。どちらかといえばカウンターバーンのような墓地を顧みないデッキで使うべきだろう。

モダン青白コントロールでは、フェッチランドや軽量ドロー呪文を探査コストに充てて2~3枚使用されている。同デッキでは墓地利用ギミックが瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageアズカンタの探索/Search for Azcantaぐらいなのでそこまで食い合わず、(最低)2マナで対象に制限のないカウンターとして役割の競合するマナ漏出/Mana Leakよりも後半戦で使いやすい。

[編集] 参考

QR Code.gif