アゾリウスの魔除け/Azorius Charm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Azorius Charm / アゾリウスの魔除け (白)(青)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・あなたがコントロールするクリーチャーはターン終了時まで絆魂を得る。
・カードを1枚引く。
・攻撃かブロックしているクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番上に置く。


ラヴニカへの回帰ブロック魔除けアゾリウス版。モード絆魂の付与、1ドローライブラリーの一番上へのバウンス

のモードは自軍全体への絆魂の付与。自分クリーチャーの存在を前提としたライフゲインであるため、主にダメージレースで優位を得るためのモードであると言える。2マナカード1枚に見合った回復量を期待するならクリーチャーを横に並べるウィニーのようなデッキでないと難しいが、コントロールでもライフを安全圏に持っていく選択肢としての価値はある。また、ボロスの反攻者/Boros Reckoner登場後は無限ライフコンボパーツにもなる。

のモードは霧中の到達/Reach Through Mists効果としては薄いものの、タイミングを選ばず使えるため腐らないという点は評価できる。インスタント故にサイクリングのような感覚でも使え、僅かながらライブラリー圧縮にも貢献する。奇跡とも相性が良いので、狙っていくなら選択機会は多い。

白青のモードはこれより後のカードになるが払いのけ/Whisk Away(当時存在したカードで例えるなら共謀のない引き霊気/AEthertow)。テンポを取る効果なので、2マナと軽いのは嬉しい。特にコントロールにおけるアタッカーへの時間稼ぎとして強力。一方ビートダウンでのブロッカー排除としては一手遅いのが気になるところ。が合わないが、トランプル持ちとのシナジーはある。ライブラリー破壊シャッフル手段と組み合わせれば除去としても機能させられる。

総じて盤面に影響を与えられる3番目のモードが優秀で、スタンダードでは青白系のコントロールで採用される。腐りにくく、3番目のモードは重ねがけすることで大きなタイム・デストラクションを生むので、4枚積みされることが多い。瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageなど再利用カードとの相性も優秀。

リミテッドでは3番目のモードが使いやすいこともあり、全体的に強力。除去として運用したいなら門衛/Doorkeeper都市内の急使/Crosstown Courierなどを用意しておきたい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰ブロック魔除けサイクル。いずれも2マナインスタントであり、各ギルド/Guildに1枚ずつ存在する。3つのモードはそれぞれ、1目にできることと2色目にできること、そして両方の色が共通してできることの組み合わせになっている(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif