クロック・パーミッション

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

クロック・パーミッション(Clock Permission)は、アーキタイプの1つ。一定のダメージクロックフィニッシャーとして構えるビート・コントロール

目次

[編集] 概要

序盤にクリーチャー展開し、ある程度の戦力を展開した後は打ち消しによって対戦相手の妨害手段やアドバンテージカードを打ち消し、そのまま勝負を決める。

クリーチャーが貧弱なを含んだビートダウンデッキは、(もちろん例外は存在するが)この形になる場合が多い。特に狭いカードプールだと、良質なクリーチャーを有すると組み合わせられることが多い。

攻撃に特化したビートダウンよりスピードは遅いものの、軽いクリーチャーを使うため相手の打ち消しを回避しやすく、ビートダウンにとって致命的な神の怒り/Wrath of Godのような呪文を防ぐことができるため、コントロールデッキに対して強い。そして、よほど速いものでないかぎりはコンボデッキにも有利。

一方、カウンターにスペースを割く分クリーチャーの線が細くなりやすく、クリーチャー同士の直接対決となりやすいビートダウン相手には不利になることが多い。特にカウンターで防御する間もなく攻めてくるウィニーが苦手。またそれぞれのカードの役割が明確になっている場合が多いので、理想的な回りをすれば強いが、噛み合わないと簡単に崩れてしまうという脆さもある。

ビートとコントロールの中間だけに極端に苦手とするデッキは少なく、汎用性は高いが、逆に言えば器用貧乏にもなりやすく、どの程度活躍できるかはプレイング環境に左右されることが多い。うまく優秀なパーツがそろうと、環境のトップメタに上り詰めることもしばしば起きる。

[編集] ミラディンの傷跡ブロック+イニストラード・ブロック期

イニストラードで加わった強力クリーチャー秘密を掘り下げる者/Delver of Secretsを主力にした白青ビートダウンが登場した。


Delver of Secrets / 秘密を掘り下げる者 (青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードを公開してもよい。これによりインスタント・カードかソーサリー・カードが公開された場合、秘密を掘り下げる者を変身させる。

1/1
Insectile Aberration / 昆虫の逸脱者
〔青〕 クリーチャー — 人間(Human) 昆虫(Insect)

飛行

3/2


Sword of Feast and Famine / 饗宴と飢餓の剣 (3)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(黒)とプロテクション(緑)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨て、あなたはあなたがコントロールする土地をすべてアンタップする。
装備(2)


装備品饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famineを活用したDelver-Bladeイリュージョン部族シナジーを活用したイリュージョンデッキなどがメタゲームの中心として活躍している。

[編集] ゼンディカー・ブロック+ミラディンの傷跡ブロック期

基本セット2011に登場した戦隊の鷹/Squadron Hawkを主軸とした白青デッキ、Caw-Goが登場した。


Squadron Hawk / 戦隊の鷹 (1)(白)
クリーチャー — 鳥(Bird)

飛行
戦隊の鷹が戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから《戦隊の鷹/Sqadron Hawk》という名前のカードを最大3枚まで探し、それらを公開してあなたの手札に加えてもよい。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

1/1

ミラディン包囲戦に登場した饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famineを加えたものはCaw-Bladeと呼ばれ、トーナメントで猛威を振るった。


Sword of Feast and Famine / 饗宴と飢餓の剣 (3)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(黒)とプロテクション(緑)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨て、あなたはあなたがコントロールする土地をすべてアンタップする。
装備(2)


[編集] ローウィン=シャドウムーア・ブロック期

ローウィン・ブロックで強化された部族を利用したクロック・パーミッションがいくつか生まれている。

1つはフェアリーデッキで、特にモーニングタイド以降は青黒のものがメタゲームの中心にある。


Scion of Oona / ウーナの末裔 (2)(青)
クリーチャー — フェアリー(Faerie) 兵士(Soldier)

瞬速
飛行
あなたがコントロールする他のフェアリー(Faerie)・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
あなたがコントロールする他のフェアリーは被覆を持つ。(それらは呪文や能力の対象にならない。)

1/1


Bitterblossom / 苦花 (1)(黒)
部族 エンチャント — フェアリー(Faerie)

あなたのアップキープの開始時に、あなたは1点のライフを失い、飛行を持つ黒の1/1のフェアリー(Faerie)・ならず者(Rogue)クリーチャー・トークンを1体生成する。


また、ローウィンで復活したマーフォークを活用する白青マーフォークデッキも活躍する。


Lord of Atlantis / アトランティスの王 (青)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk)

他のマーフォーク(Merfolk)・クリーチャーは+1/+1の修整を受けるとともに島渡りを持つ。(それらは、防御プレイヤーが島(Island)をコントロールしているかぎりブロックされない。)

2/2


Sygg, River Guide / 川の案内者、シグ (白)(青)
伝説のクリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)

島渡り(このクリーチャーは、防御プレイヤーが島(Island)をコントロールしているかぎりブロックされない。)
(1)(白):あなたがコントロールするマーフォーク(Merfolk)1つを対象とする。それはターン終了時まで、あなたが選んだ色1色に対するプロテクションを得る。

2/2

[編集] 神河ブロック期

この時期(特にラヴニカ・ブロックを含むスタンダード)は多種多彩なクロック・パーミッションが活躍している。


Ninja of the Deep Hours / 深き刻の忍者 (3)(青)
クリーチャー — 人間(Human) 忍者(Ninja)

忍術(1)(青)((1)(青),あなたがコントロールする、ブロックされなかった攻撃しているクリーチャー1体を手札に戻す:あなたの手札からこのカードを、タップ状態かつ攻撃している状態で戦場に出す。)
深き刻の忍者がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。

2/2


Remand / 差し戻し (1)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。その呪文がこれにより打ち消された場合、それをそのプレイヤーの墓地に置く代わりにオーナーの手札に加える。
カードを1枚引く。



Umezawa's Jitte / 梅澤の十手 (2)
伝説のアーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーが戦闘ダメージを与えるたび、梅澤の十手の上に蓄積(charge)カウンターを2個置く。
梅澤の十手から蓄積カウンターを1個取り除く:以下から1つを選ぶ。
・装備しているクリーチャーは、ターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。
・クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-1/-1の修整を受ける。
・あなたは2点のライフを得る。
装備(2)


優秀なアドバンテージクリーチャー梅澤の十手/Umezawa's Jitteの存在から、ビート・コントロールとしての完成度が非常に高かった。さらに、グレーター・ギフトイゼットロン太陽拳など全般的に重めコントロールデッキが主体の環境だったことから、メタゲーム上活躍しやすかった。

けちコンヤソコンメタった神河ブロック構築青緑クロック・パーミッションCritical Massがその先駆け。その後はCritical Massのスタンダード版であるCritical Mass Updateが続き、アドバンテージクリーチャーを多用する8ヒッピー深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hoursをメインにしたスノウ・ストンピィシー・ストンピィ上位の空民、エラヨウ/Erayo, Soratami Ascendantを活用するエラヨウブルーエラヨウ忍者などがその例である。

[編集] オデッセイ・ブロック期

オデッセイの強力なクリーチャーカウンターなどでバックアップする青緑ビートダウンが複数存在した。


Wild Mongrel / 野生の雑種犬 (1)(緑)
クリーチャー — 猟犬(Hound)

カードを1枚捨てる:野生の雑種犬はターン終了時まで+1/+1の修整を受けるとともに、あなたが選んだ1色の色になる。

2/2


Circular Logic / 堂々巡り (2)(青)
インスタント

呪文1つを対象とする。それを、それのコントローラーがあなたの墓地にあるカード1枚につき(1)を支払わないかぎり、打ち消す。
マッドネス(青)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)


青緑マッドネスクワイエット・ロアーなど各種の派生形については青緑ビートダウンのページを参照のこと。

[編集] インベイジョン・ブロック構築

ステロイドVoidなどのデッキメタったソリューションが存在した。


Meddling Mage / 翻弄する魔道士 (白)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

翻弄する魔道士が戦場に出るに際し、土地でないカード名を1つ選ぶ。
選ばれた名前を持つ呪文は唱えられない。

2/2


Absorb / 吸収 (白)(青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。あなたは3点のライフを得る。


プロテクションクリーチャーを多数採用したことで対赤デッキに有利になる。

詳細はソリューションを参照のこと。

[編集] マスクス・ブロック+インベイジョン・ブロック期

この時期もパーミッションは有力なアーキタイプであったため、ブルースカイなどのクロック・パーミッションが組まれている。


Troublesome Spirit / 厄介なスピリット (2)(青)(青)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

飛行
あなたの終了ステップの開始時に、あなたがコントロールするすべての土地をタップする。

3/4


Thwart / 妨害 (2)(青)(青)
インスタント

あなたは、妨害のマナ・コストを支払うのではなく、あなたがコントロールする島(Island)を3つ、オーナーの手札に戻すことを選んでもよい。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


中堅フライヤーカウンターで守るのが基本の動きである。

遅いコントロールデッキには有利だがファイアーズなどには速度で劣るため、プレーンシフトの頃には衰退を余儀なくされた。

[編集] ウルザ・ブロック期

ウルザ・ブロックの頃は強力なコンボデッキパーミッションデッキが全盛であり、それらへの対抗策として組まれた。


Lord of Atlantis / アトランティスの王 (青)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk)

他のマーフォーク(Merfolk)・クリーチャーは+1/+1の修整を受けるとともに島渡りを持つ。(それらは、防御プレイヤーが島(Island)をコントロールしているかぎりブロックされない。)

2/2

特にマーフォークを主軸にしたマーフォークデッキが活躍した。

テンペスト・ブロックの頃は史上最悪のコンボデッキ・MoMaへのアンチデッキとして、マスクス・ブロックの時期は青茶単パララクス補充へのメタデッキとしてそれぞれ活躍している。

[編集] エクステンデッド

エクステンデッド環境に数多く存在する凶悪なコンボデッキへの対抗策として使用されることが多い。

MoMaの冬においては、スタンダードのそれと同様MoMaへのアンチデッキとしてマーフォークが活躍。また、長らくエクステンデッドを支配したドネイトに対抗すべく、ネクロ・ドネイトに対するカウンタースリヴァー、アンチトリックスミラクルグロウスーパーグロウがそれぞれ開発された。

超優良ピッチスペル意志の力/Force of Willの存在も大きい。


Force of Will / 意志の力 (3)(青)(青)
インスタント

あなたは、意志の力のマナ・コストを支払うのではなく、1点のライフを支払うとともにあなたの手札にある青のカードを1枚、追放することを選んでもよい。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


また、オンスロート参入時のローテーション以降は青緑マッドネスメタゲームの一角を担っていた。

[編集] モダン

モダンでは主に2種類のデッキが活躍している。

1つはウィニー系の軽いクロック・パーミッション、Delver-Go秘密を掘り下げる者/Delver of Secretsなどのクロックを序盤から展開し、火力カウンターでサポートする。


Delver of Secrets / 秘密を掘り下げる者 (青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードを公開してもよい。これによりインスタント・カードかソーサリー・カードが公開された場合、秘密を掘り下げる者を変身させる。

1/1
Insectile Aberration / 昆虫の逸脱者
〔青〕 クリーチャー — 人間(Human) 昆虫(Insect)

飛行

3/2

もう1つはコントロール寄りの重いクロック・パーミッション、No-Caw。時には全体除去まで用いて対戦相手の行動を縛り、修復の天使/Restoration Angel瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageアドバンテージを取りながらクロックを展開する。


Restoration Angel / 修復の天使 (3)(白)
クリーチャー — 天使(Angel)

瞬速
飛行
修復の天使が戦場に出たとき、あなたがコントロールする天使(Angel)でないクリーチャー1体を対象とする。あなたはそれを追放し、その後そのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻してもよい。

3/4

他にもフェアリーマーフォークEternal Commandなど、様々なデッキタイプが存在する。それぞれの詳細は各項目を参照。

[編集] レガシー

レガシーでは青緑スレッショルドから端を発した様々な派生デッキが存在し、を中心にもう1~2色加えることを基本とした多様化が進んでいる。


Nimble Mongoose / 敏捷なマングース (緑)
クリーチャー — マングース(Mongoose)

被覆(このクリーチャーは呪文や能力の対象にならない。)
スレッショルド ― あなたの墓地にカードが7枚以上あるかぎり、敏捷なマングースは+2/+2の修整を受ける。

1/1


Brainstorm / 渦まく知識 (青)
インスタント

カードを3枚引き、その後あなたの手札からカードを2枚、あなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。


詳細は青緑スレッショルドのページを参照のこと。

イニストラード参入後は強力な飛行クロックである秘密を掘り下げる者/Delver of Secretsを中核に据えた様々なタイプのデルバーデッキが登場している。

また、マーフォークも有力なデッキの1つ。

[編集] ヴィンテージ

凶悪なコンボデッキの蔓延するヴィンテージでは、ノーマルなビートダウンデッキよりもクロック・パーミッションの方が人気が高い。

特にを絡めたウィニータイプのデッキはフィッシュと総称されている。

超優秀カウンター意志の力/Force of Willがその力を支えているのは言うまでもない。


Force of Will / 意志の力 (3)(青)(青)
インスタント

あなたは、意志の力のマナ・コストを支払うのではなく、1点のライフを支払うとともにあなたの手札にある青のカードを1枚、追放することを選んでもよい。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


[編集] Pauper

秘密を掘り下げる者/Delver of Secretsなどの優秀なクリーチャーや、対抗呪文/Counterspellなどのカウンター呪文の多くがコモンのため、Pauperでも成立する。詳細はフィッシュを参照。


Delver of Secrets / 秘密を掘り下げる者 (青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードを公開してもよい。これによりインスタント・カードかソーサリー・カードが公開された場合、秘密を掘り下げる者を変身させる。

1/1
Insectile Aberration / 昆虫の逸脱者
〔青〕 クリーチャー — 人間(Human) 昆虫(Insect)

飛行

3/2

青単色Delver-Goデッキが主流で、白青などいくつか亜種も存在している。

[編集] 参考

QR Code.gif