永岩城/Eiganjo Castle

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Eiganjo Castle / 永岩城
伝説の土地

(T):(白)を加える。
(白),(T):伝説のクリーチャー1体を対象とする。このターン、次にそれに与えられるダメージを2点軽減する。


伝説のクリーチャー限定のダメージ軽減能力を持つ伝説の土地

白ウィニーなら、今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinkerを守ることができる。紅蓮地獄/Pyroclasmショック/Shockなどの対策として有用。モダン以下のフォーマットにおいても聖トラフトの霊/Geist of Saint Traftヴェンディリオン三人衆/Vendilion Cliqueなどの打たれ弱い伝説のクリーチャーを援護できるためお守りとして挿されることも多い。

ペナルティなしで色マナが出るため、能力目当てでなく、平地を狙い打ってくるカードへの対策として平地代わりに1枚入れられることもある。

リミテッドではコンバット・トリックから火力対策まで幅広く使える強力なカード。アンコモン枠でも伝説のクリーチャーがちらほら登場する環境柄、対象に困ることもない。レアなのでそうそう枚数は出ないため、当時のレジェンド・ルールでの対消滅を気にする必要もほとんどなかった。

  • 英語のカード名を直訳すると「エイガンジョー城」であり、意味が重複してしまっているが、翻訳の慣習としては間違っていない。「永岩城」は「城」まで含めて固有名詞なのでそのまま「Eiganjo」と書き表し、それが何であるかを示すために「Castle」を付け加えるので一見して意味が重複しているような表記になるのである。「『永岩城』と言う城」と言う意味だと思えばわかりやすいだろう。現実でも、例えば日本橋を「Nihon-bashi Bridge」という風に表記することは少なくない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

神河物語の各色の伝説の土地サイクル。対応するマナ能力と、伝説のクリーチャー対象とする能力を持つ。

ペナルティなしに色マナを出すことができるため、対応する色マナを出す基本土地1枚の代わりに1枚挿しされることが多い。

また、伝説のクリーチャーを対象とするため、共通して死者の嘆き、崩老卑/Horobi, Death's Wailを除去することができる。そのことから、スタンダードでは崩老卑対策として使われることもあった。

[編集] 参考

QR Code.gif