残骸の漂着/Settle the Wreckage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Settle the Wreckage / 残骸の漂着 (2)(白)(白)
インスタント

プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーがコントロールしている攻撃クリーチャーをすべて追放する。そのプレイヤーは自分のライブラリーから、その数に等しい枚数の基本土地カードを探してもよい。そうしたなら、そのプレイヤーはそれらのカードをタップ状態で戦場に出し、その後自分のライブラリーを切り直す。


攻撃クリーチャーに対する全体除去。ただし、流刑への道/Path to Exileのように基本土地を与える代償がある。

クリーチャー対象に取らず、破壊ではなく追放するため、破壊不能呪禁を初めとするほとんど全ての除去耐性を無視できる。では貴重なインスタントの全体除去で、ソーサリーによる除去が利かない機体ミシュラランドへの対抗策としても有用。同数の基本土地を与えてしまうのは決して無視できないデメリットだが、純粋なアグロ戦略相手なら4ターン目以降に基本土地を3、4枚与えてもマナを使うあてがないことも多い。

登場時のスタンダードでは青白副陽燻蒸/Fumigateと併用される。パーミッション戦略との相性の良さに加え、ラムナプ・レッドの強力な速攻クリーチャー群を対処できることが評価されている。ドミナリア期になると赤単アグロ緑単ガルタなどの高速デッキがより勢いを見せるようになり、青白コントロール等では燻蒸より優先されるコントロールデッキのメイン全体除去となっている。

リミテッドでは対戦相手総攻撃に合わせることができれば勝ちと言える性能。もちろん殺戮の暴君/Carnage Tyrantのような対処の難しい爆弾レアへの対抗策としても有用。相手が白マナ2つを含む4マナを構えている際は常にこのカードの存在を念頭に置いておきたい。

  • 自軍の攻撃時に使ってマナ加速を行うこともできる。ただしタイミングが限られているため、流刑への道のように他の除去に対応してディスアドバンテージを軽減する器用な動きは難しい。

[編集] ルール

  • 戦闘フェイズ以外に唱えても構わないし、アクティブ・プレイヤー以外を対象にして唱えても構わない。もちろんその場合は攻撃クリーチャーが存在しないので、何も起こらない。
  • 「その数に等しい枚数」とあるが、実際には「探す」のルールにより、戦場に出す基本土地の枚数が追放されたクリーチャーの数を下回っていても構わない。
  • 攻撃クリーチャーの一部が置換効果で他の領域に移動したり、追放領域でクリーチャーでなくなっていたりしても、「追放したクリーチャーの数」にカウントされる。

[編集] 開発秘話

当初このカードはエンチャントで、クリーチャーがプレイヤー戦闘ダメージ与えるたび、それに流刑への道を行う無慈悲/No Mercyの亜種だった。しかしこれは単純に楽しくないだけでなく、ライブラリーを何度も切り直す必要があるという深刻な問題を抱えていたため、1ターン限りのインスタントにすることとなった。また、自分に打つ事で大規模なマナ加速が可能な点は白の役割を逸脱するのではないかという懸念もあったが、トークンデッキがこれによるマナ加速を手に入れても特徴と呼べる範囲であるとして、許容された。

  • 最初の文は単に「攻撃クリーチャーをすべて追放する」としてもよいように見えるが、あえてプレイヤーを対象に取る書式にしたのはテキストの簡素化が目的である[1]

[編集] 脚注

  1. The M-Files: Ixalan Edition, Part 1/Mファイル『イクサラン』編・パート1(Play Design 2017年10月13日 Melissa DeTora著)

[編集] 参考

QR Code.gif