バウンス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

バウンス(Bounce)とは、「跳ね返す」を意味する英語であり、戦場パーマネント手札(稀にライブラリーの一番上)に戻すこと。もしくはそのような効果を持つカード。それらを主軸にしたデッキ名として使われることもある。の得意技の1つ。


Boomerang / ブーメラン (青)(青)
インスタント

パーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。



Time Ebb / 時の引き潮 (2)(青)
ソーサリー

クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番上に置く。


戦場から排除する点だけを見れば擬似除去として機能するが、手札に戻すだけでは簡単に唱え直せてしまうために時間稼ぎにしかならず、また基本的にカード・アドバンテージを失ってしまう。そのため、対象にできるパーマネントの範囲が同等である他の除去呪文に比べて、コストが安い場合が多い(例:送還/Unsummon終止/Terminateブーメラン/Boomerang名誉回復/Vindicate)。

除去として見ると力不足ではあるが、使い方次第では有効に働く場面も多い。例えば、相手の強化対応して使って立ち消えさせたり、オーラ付きパーマネントを戻してエンチャント破壊のように使ったりすることで、カード・アドバンテージの損失を抑えられる。また、コスト重く唱え直しが困難なパーマネントを狙うことでテンポ・アドバンテージを稼ぐのは常套手段であり、特にリアニメイトのように非常に重いパーマネントを使用するデッキに対しては、実質的な除去になることもある。これらの大部分は除去や火力にも言える特徴だが、よりコストが軽くタフネスなどの除去耐性に関わらず対処できるバウンスのほうが、奇襲性や確実性が高い。

また、対戦相手のものばかりでなく、自分のものを対象にすることも多い。相手の除去から守るために使ったり、対戦相手にコントロールを奪われたカードを取り返すために使ったりなどは、除去にはできないバウンスならではの仕事である。特にCIP能力の再利用手段として使われることも多く、繰り返し使えるものならばアドバンテージを稼ぐこともできる。他に何らかの効果が付加されているバウンスならば、永遠の証人/Eternal Witnessのようにカードを回収できるCIP能力を持ったパーマネントと組み合わせることで、非常に強力なシナジーを形成することもできる。

トークンは戦場以外の領域に移動すると消滅するため、トークンに対しては除去として働く。環境にトークンがあふれてくると、通常の除去よりもコスト・パフォーマンスの良いバウンスが流行る(例:獣群の呼び声/Call of the Herd全盛期の排撃/Repulseなど)。

環境によっては、対戦相手のパーマネントをすべて手札に戻すデッキが成立してしまうこともある(→ アウェイクニングメダリオンブルートレードウィンド・サバイバルATSエターナルウインド)。

[編集] 参考

QR Code.gif