払拭/Dispel

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dispel / 払拭 (青)
インスタント

インスタント呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


インスタントのみ打ち消す呪文緊急阻止/Flash Counterが1マナになった上位互換

対象こそ限られるものの、やはり1マナは扱いやすい。特にインスタントはお互いに隙をうかがい心理を読みあって唱えるタイミングを見計らうことが多く、「1マナあれば打ち消せる」という性質が与える影響は大きい。

とはいえインスタントを打ち消すだけではさすがに対戦相手の戦略を崩すところまでは期待できない。自分を防御するため、あるいは自分の主戦略を妨害されることを防ぐための打ち消しと考えたほうがよい。除去火力からクリーチャーを守ったり、コンバット・トリックで戦況をひっくり返されることを防いだり、対戦相手の打ち消しを打ち消すことでこちらのキーカード通したり、と言った役目が適任である。

その点、そういったインスタントの出番が少なめであるリミテッドよりは、構築での評価が上となるカードと言える。特に強力なインスタント(例えばむかつき/Ad Nauseam等のデッキの中核をなすもの、Ancestral Recallをはじめとする単純にカードパワーが高いもの、意志の力/Force of Willといった厄介なカウンターなど)が粒ぞろいであるエターナル環境での頼もしさは格別。

欠点は言うまでもなくインスタントにしか対処できないこと。プレインズウォーカー修繕/Tinkerなどのフィニッシャー格のカードに手出しできないのは致命的である。そのためメインデッキでは対処できる範囲がより広い呪文貫き/Spell Pierce否認/Negateが優先され、払拭はサイドボードからの追加投入という形が多い。ただしコンボデッキの場合、幅広く対処できることよりもコンボを妨害してくるインスタントを排除することが重要であることから、優先して投入される例も少なくない(→欠片の双子#モダン)。

メタゲーム次第であるものの、初出時・各再録時のスタンダード、モダンPauperなど様々なフォーマット系デッキでしばしばサイドボードに採用され、時にはメインデッキから積まれることもある。

[編集] 参考

QR Code.gif