ローテーション

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ローテーション/Rotationとは、

  1. スタンダード(かつてはエクステンデッドも)において、使えるカードセットが定期的に入れ替わる制度。
  2. 1の制度に従って、そのフォーマットで今まで使えたブロックが使えなくなること。→落ちる

エターナルヴィンテージレガシー)、モダンにはローテーションはない。2013年10月にエクステンデッドが廃止されたため、現在は事実上スタンダード専用のルールである。

秋に発売されるブロックの第1セットが登場するごとにローテーションし、そのとき古いブロックが2つ(2016年以前は1つ)落ちる。

  • たとえば、ゼンディカーが発売された2009年10月の場合、スタンダードでは2007年から2008年に発売したローウィン=シャドウムーア・ブロックが、エクステンデッドは2002年から2003年に発売したオンスロート・ブロックが落ちた。
  • 基本セットはその発売日が含まれる期間に発売されたブロックと同時に落ちる。そのため基本セット発売から次期エキスパンションの間の約2ヶ月間は、基本セットが2つ使える時期が存在していた。
    • これは基本セット2010からの改定で、第10版までは基本セットがトーナメントリーガルとなると同時に、前の基本セットがローテーションで落とされていた。

[編集] 例外的なローテーション

  • 2006年7月21日に発売されたコールドスナップは、ローテーションにおいては時のらせんブロックの一部と見なされる。
    • なお、エクステンデッドはフォーマットのルール変更により、時のらせんブロックより先にエクステンデッドから落ちた。スタンダードから落ちたのは同時である。
  • 2007年10月~2008年10月のシーズンは、ローウィン・ブロックシャドウムーア・ブロックの2つのブロックが発売されるが、ローテーションにおいてはこの2つで1つの大きなブロックと見なされる。
  • 2015年のブロック構造変更とスタンダードのルールの変更に伴い、2016年では、例外的なローテーションが2度発生する。(参考1)(参考2

[編集] 参考

QR Code.gif