封じ込め/Seal Away

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Seal Away / 封じ込め (1)(白)
エンチャント

瞬速
封じ込めが戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていてタップ状態のクリーチャー1体を対象とし、封じ込めが戦場を離れるまでそれを追放する。


払拭の光/Banishing Light系列の一時的除去エンチャント停滞の罠/Stasis Snareが1マナ軽くなった代わりに、タップ状態のクリーチャーしか対象にとれなくなった。

タップ状態のクリーチャーと言えばほとんどの場合攻撃に参加しているクリーチャーなので、瞬速と合わせると使用感はレンジストライク系の除去呪文にかなり近い。しかしタップさえしていれば良いので自分ターン中に使用してもなんら問題なく、おまけにタップ能力を持つシステムクリーチャーにも触れるとあり、融通性は相当に高い。単色かつ2マナの除去呪文の有用性は未達への旅/Journey to Nowhere鑽火の輝き/Immolating Glare等が証明している通りであり、リミテッドのみならず構築での使用にも耐えうる1枚。

  • 能力に関する基本的なルール払拭の光/Banishing Lightを参照。
  • クリーチャーが追放された状態でこれが戦場を離れた場合、そのクリーチャーはアンタップ状態で戦場に戻ってくる。しかし追放する能力が解決される前にこれが戦場を離れていた場合、そもそも追放されることがないため、対象となったクリーチャーはタップ状態のまま戦場に残る。
  • 警戒持ちやタップ能力持ちではないシステムクリーチャーには触れないので過信は禁物。ドミナリアを用いたリミテッドではセラの天使/Serra Angelを対処できないことが問題になりやすい。別の除去やタッパーを併用した方が無難である。ドミナリアにて同時に再録された氷の干渉器/Icy Manipulatorは良い相方。

[編集] 参考

QR Code.gif