覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Narset, Parter of Veils / 覆いを割く者、ナーセット (1)(青)(青)
伝説のプレインズウォーカー — ナーセット(Narset)

各ターン、対戦相手はそれぞれ、カードを2枚以上引くことができない。
[-2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

5

カードとしては3枚目、プレインズウォーカーとしては2枚目のナーセットドロー制限の常在型能力と、クリーチャー土地以外限定の衝動/Impulseサーチ忠誠度能力を持つ。

常在型能力
自分(対戦相手側)のターンではドロー・ステップで1枚引くため効果では一切カードを引けないことになり、キャントリップすら軽率に唱えられなくなる。
ただし手札に加えることは禁止できないので、対戦相手のデッキ如何では何の影響もないことも珍しくはなく、逆にこのカードを維持するだけで手詰まりにできることも珍しくない。
-2能力
アズカンタの探索/Search for Azcanta第2面とほぼ同じ効果だが、こちらは選ばなかったカードは無作為にライブラリーの下に置かれる。
クリーチャーを(ほぼ)用いないデッキ構築を行えば、ほぼ確実にカード・アドバンテージを稼ぐことができる。

対戦相手リソースを増やしにくくしつつアドバンテージを稼ぐことができるので、コントロール戦略と非常に噛み合っており、コントロールデッキ同士のミラーマッチにも強い。スタンダードではイゼット・フェニックスに対するメタとしても光る。

プラスの忠誠度能力は持たないが自身の能力で2枚目3枚目を探しに行けるので場持ちは良い。伝説のパーマネントカードではあるものの、使い捨てる形で運用するなら枚数を多く採用しても腐りにくいだろう。

モダン青白コントロールレガシー青白奇跡ヴィンテージゼロックス系デッキや墓荒らしオース系デッキなど、下環境でも幅広く使われている。単純にカード・アドバンテージを得ることができる上に、相手血清の幻視/Serum Visions思案/Ponderといったソーサリーキャントリップ渦まく知識/Brainstormを無力化し、動きを強烈に縛ることができる。稲妻/Lightning Boltで落とされないように1回も忠誠度能力を起動せずに、妨害エンチャントのように使うこともある。

[編集] ルール

常在型能力

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦の、アンコモン単色プレインズウォーカーサイクル常在型能力誘発型能力と、マイナスの忠誠度能力を1つずつ持つ。各に2枚ずつ存在する。

[編集] ストーリー

ナーセット/Narsetラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人。女性。

詳細はナーセット/Narsetを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif