地盤の際/Tectonic Edge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tectonic Edge / 地盤の際
土地

(T):(◇)を加える。
(1),(T),地盤の際を生け贄に捧げる:基本でない土地1つを対象とし、それを破壊する。この能力は、対戦相手1人が土地を4つ以上コントロールしているときにのみ起動できる。


調整版不毛の大地/Wasteland。元と比較すると、起動マナが必要になった上条件がつけられてしまった下位互換である。

対戦相手土地を4つ以上コントロールしていないと能力を起動できないため、序盤での土地破壊事故を起こさせる使い方はできない。マナへの干渉目的で使うには、3目以降の色や当面の薄い色を狙ってダブルシンボルカードを使わせない等、手札デッキも意識した運用が要求される。

一方、能力持ちの基本でない土地に対する単体除去として見れば、デッキカラーを選ばず妨害もされにくいこの能力は頼もしい。有力な土地破壊カードが少ない上、ミシュラランドなど強力な基本でない土地が多い登場時のスタンダード環境にも合っている。主にコントロールで使われており、特にヴァラクートトップメタとなってからは4枚積みが標準となった。溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacleの能力は土地を並べることが前提なので、土地4つ以上の条件も気にならない。

土地がテーマのゼンディカー・ブロックでは、コモンアンコモンにも基本でない土地が多数存在するので、リミテッドでも全く役に立たないことは少ないだろう。アンタップインかつ無色マナが出る点も嬉しい。

モダンでは、デッキカラーを選ばない基本でない土地対策として採用される。類似カードの幽霊街/Ghost Quarterと競合する形になるが、こちらは起動タイミングが遅くなってしまいがちで起動に別途マナが必要な弱点がある反面、ボード・アドバンテージを失わずに、確実に危険な土地を破壊できる点で勝る。ウルザトロンではこのカードを警戒し、4枚目の土地を出さないというプレイングも見られる。

  • 二つ目の起動型能力の起動条件はいずれかの対戦相手が土地を4つ以上コントロールしている場合である。多人数戦では対戦相手の1人が条件を満たしていれば、土地3つ以下である別のプレイヤーの土地を破壊できることを覚えておきたい。
  • 2人対戦の場合でも、起動時に土地が4つ以上であればいいので、1枚目を起動して解決前にさらに別の地盤の際を起動することで対戦相手の土地を3枚以下にできる。

[編集] 参考

QR Code.gif