エルフ (デッキ)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エルフ(Elf/Elves)は、エルフを主体とした部族デッキの総称。

目次

[編集] 概要


Priest of Titania / ティタニアの僧侶 (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):戦場に出ているエルフ(Elf)1つにつき(緑)を加える。

1/1


Wirewood Symbiote / ワイアウッドの共生虫 (緑)
クリーチャー — 昆虫(Insect)

あなたがコントロールするエルフ(Elf)を1体、オーナーの手札に戻す:クリーチャー1体を対象とし、それをアンタップする。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。

1/1

小型展開しやすいエルフを大量に、それも高速で戦場に並べ、その物量とマナ・アドバンテージ対戦相手を圧倒する。これだけ大量のクリーチャーマナを同時に確保できるデッキは少なく、ならではということで病みつきになる人も多い。

エルフ達は基本的に小粒でありカードパワーで押し切るのが難しいため、全体強化手段か別途フィニッシャーを用意するのが普通である。また、展開力に非常に長けるがゆえに、全体除去に脆いのも共通した弱点である。

特にオンスロート・ブロック以降は、ブロック構築からエターナルまで、幅広い場面で見られるデッキタイプとなった。

[編集] イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド期

鉄葉ストンピィの派生デッキの一種として、エルフを中心とした部族デッキローグとして登場した。


Pelt Collector / 生皮収集家 (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) 戦士(Warrior)

あなたがコントロールしている他のクリーチャーが1体戦場に出るか死亡するたび、そのクリーチャーのパワーが生皮収集家よりも大きい場合、生皮収集家の上に+1/+1カウンターを1個置く。
生皮収集家の上に+1/+1カウンターが3個以上置かれているかぎり、これはトランプルを持つ。

1/1


Elvish Clancaller / エルフの部族呼び (緑)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

あなたがコントロールしている他のエルフ(Elf)は+1/+1の修整を受ける。
(4)(緑)(緑),(T):あなたのライブラリーから《エルフの部族呼び/Elvish Clancaller》という名前のカード1枚を探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

1/1


Vanquisher's Banner / 勝者の戦旗 (5)
アーティファクト

勝者の戦旗が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプ1つを選ぶ。
あなたがコントロールしているその選ばれたタイプを持つクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
あなたがその選ばれたタイプのクリーチャー呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。


ローテーションキランの真意号/Heart of Kiran不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable等を失った枠を、養育者、マーウィン/Marwyn, the Nurturerエルフの部族呼び/Elvish Clancallerで埋めてエルフデッキとして変化させたもの。基本的な動きは鉄葉ストンピィと同様、ラノワールのエルフ/Llanowar Elvesからのマナ加速鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Championを叩きつけて素早くビートダウンする戦術に変わりない。こちらはエルフの部族呼び、勝者の戦旗/Vanquisher's Banner全体強化8枚体制によってマナ・クリーチャーも戦力にできるようになっている。

部族デッキを組むための主要なパーツは基本セット2019期の時点で揃っていたが、エルフデッキを組むには1マナ圏の戦力が不足しており、あえてエルフを軸にする必要もなかったためファンデッキ止まりだった。ラヴニカのギルド生皮収集家/Pelt Collectorが登場したことで穴の開いていた1マナ圏に強力な戦力を獲得し、また追加のドロー源として獣に囁く者/Beast Whispererも手に入れたことで大きく強化された。スタートダッシュ・ラヴニカ! その2「エルフ・ストンピィ」(スタンダード)も参照。

[編集] サンプルレシピ

Elfball [1]
土地 (20)
20 森/Forest
クリーチャー (32)
4 獣に囁く者/Beast Whisperer
4 僧帽地帯のドルイド/Druid of the Cowl
4 エルフの部族呼び/Elvish Clancaller
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 養育者、マーウィン/Marwyn, the Nurturer
4 生皮収集家/Pelt Collector
4 鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion
4 茨の副官/Thorn Lieutenant
呪文 (8)
1 ビビアン・リード/Vivien Reid
3 冒険の衝動/Adventurous Impulse
4 勝者の戦旗/Vanquisher's Banner
サイドボード (15)
2 ビビアン・リード/Vivien Reid
3 金剛牝馬/Diamond Mare
3 再利用の賢者/Reclamation Sage
3 形成師の聖域/Shapers' Sanctuary
4 蔦草牝馬/Vine Mare


[編集] ゼンディカー・ブロック+ミラディンの傷跡ブロック期

優秀なエルフが複数登場したことで、スタンダードでも復権を果たす。


Arbor Elf / 東屋のエルフ (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):森(Forest)1つを対象とし、それをアンタップする。

1/1


Fauna Shaman / 獣相のシャーマン (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) シャーマン(Shaman)

(緑),(T),クリーチャー・カードを1枚捨てる:あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを1枚探し、それを公開し、それをあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

2/2


Elvish Archdruid / エルフの大ドルイド (1)(緑)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

あなたがコントロールする他のエルフ(Elf)・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
(T):あなたがコントロールするエルフ1つにつき(緑)を加える。

2/2

ラノワールのエルフ/Llanowar Elves東屋のエルフ/Arbor Elfジョラーガの樹語り/Joraga Treespeakerといったマナ・エルフを高速で並べて猛烈にマナ・ブースト獣相のシャーマン/Fauna Shamanで必要なエルフをサーチし、エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid等で全体強化して一気に押し切る。

暴走の先導/Lead the Stampedeハンド・アドバンテージを確保して息切れを防ぎ、獣相のシャーマンとシナジーする復讐蔦/Vengevineを採用して全体除去への耐性を向上させている。

その他の部分はデッキによって様々。エルドラージの碑/Eldrazi Monumentエンドカードにしてエルドラージの碑に寄せたもの、エルフによる加速に加えて原始のタイタン/Primeval Titanなどを採用しエルドラージ召喚を可能にしたエルドラージ・ランプとのハイブリッドデッキ(このタイプはエルドラージに引っ掛けてエルフドラージと呼ばれる)などのバリエーションが存在する。

[編集] サンプルレシピ

Elves [2]
土地 (20)
20 森/Forest
クリーチャー (36)
4 東屋のエルフ/Arbor Elf
4 銅角笛の斥候/Copperhorn Scout
4 エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid
4 背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader
4 獣相のシャーマン/Fauna Shaman
4 ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker
2 ジョラーガの戦呼び/Joraga Warcaller
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
2 森のレインジャー/Sylvan Ranger
3 復讐蔦/Vengevine
1 狼茨の精霊/Wolfbriar Elemental
呪文 (4)
4 暴走の先導/Lead the Stampede
サイドボード (15)
1 忍び寄る腐食/Creeping Corrosion
1 皮背のベイロス/Leatherback Baloth
4 活力の力線/Leyline of Vitality
3 自然の要求/Nature's Claim
1 強情なベイロス/Obstinate Baloth
3 呪文滑り/Spellskite
2 ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter

[編集] ローウィン=シャドウムーア・ブロック期

エルフが主要部族に選ばれたこともあり、同環境黒緑ビートダウンの中にエルフを中心にしたものが登場した。


Wren's Run Vanquisher / レンの地の克服者 (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) 戦士(Warrior)

この呪文を唱えるための追加コストとして、あなたの手札にあるエルフ(Elf)・カードを1枚公開するか(3)を支払う。
接死(これが何らかのダメージをクリーチャーに与えたら、それだけで破壊する。)

3/3


Profane Command / 不敬の命令 (X)(黒)(黒)
ソーサリー

以下から2つを選ぶ。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはX点のライフを失う。
・あなたの墓地にある、点数で見たマナ・コストがX以下のクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
・クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-X/-Xの修整を受ける。
・クリーチャーを最大X体まで対象とする。それらはターン終了時まで畏怖を得る。(それらは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)


詳細は黒緑エルフを参照のこと。

また、それとは別路線で、遺産のドルイド/Heritage Druidの爆発力を活かした親和エルフも登場、こちらも一定の戦果をあげている。


Heritage Druid / 遺産のドルイド (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

あなたがコントロールするアンタップ状態のエルフ(Elf)3つをタップする:(緑)(緑)(緑)を加える。

1/1

[編集] オンスロート・ブロック+ミラディン・ブロック期

ミラディン・ブロック期のスタンダードでは、史上最悪の装備品として名高い頭蓋骨絞め/Skullclampと組み、エルフ&ネイルが登場する。


Skullclamp / 頭蓋骨絞め (1)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+1/-1の修整を受ける。
装備しているクリーチャーが死亡するたび、カードを2枚引く。
装備(1)((1):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。このカードはつけられていない状態で戦場に出て、クリーチャーが戦場を離れても戦場に残る。)



Tooth and Nail / 歯と爪 (5)(緑)(緑)
ソーサリー

以下から1つを選ぶ。
・あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを最大2枚まで探し、それらを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。
・あなたの手札からクリーチャー・カードを最大2枚まで戦場に出す。
双呪(2)(あなたが双呪コストを支払った場合、両方を選ぶ。)


[編集] オデッセイ・ブロック+オンスロート・ブロック期

オンスロート期のスタンダードでは、オンスロート・ブロック部族支援によって強化され、トーナメントレベルとなる。この頃のデッキエルフ・ビートと呼ばれる。


Timberwatch Elf / 森林守りのエルフ (2)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf)

(T):クリーチャー1体を対象とする。それは、ターン終了時まで+X/+Xの修整を受ける。Xは、戦場に出ているエルフ(Elf)の数である。

1/2


Caller of the Claw / 鉤爪の統率者 (2)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf)

瞬速
鉤爪の統率者が戦場に出たとき、このターン戦場からあなたの墓地に置かれたトークンでないクリーチャー1体につき、緑の2/2の熊(Bear)クリーチャー・トークンを1体生成する。

2/2

[編集] エクステンデッド

[編集] ローウィン=シャドウムーア・ブロック~ミラディンの傷跡ブロック期

もともと優秀なエルフを多く擁するカードプールではあったが、特にミラディン包囲戦暴走の先導/Lead the Stampedeというアドバンテージ手段を得たことで大きく強化され、メタゲームの上位にまで躍進した。


Elvish Archdruid / エルフの大ドルイド (1)(緑)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

あなたがコントロールする他のエルフ(Elf)・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
(T):あなたがコントロールするエルフ1つにつき(緑)を加える。

2/2


Lead the Stampede / 暴走の先導 (2)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを見る。あなたはその中から望む枚数のクリーチャー・カードを公開し、その公開したカードをあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


ラノワールのエルフ/Llanowar Elves東屋のエルフ/Arbor Elfなどのマナ・クリーチャーからエルフの大ドルイド/Elvish Archdruidジョラーガの戦呼び/Joraga Warcallerといった様々なロード展開強化された大量のエルフ達で速やかに勝負を決めるエルフらしいエルフ。

親和エルフからは遺産のドルイド/Heritage Druidイラクサの歩哨/Nettle Sentinelコンビが受け継がれている。また献身のドルイド/Devoted Druid2体と背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leaderによる無限マナ無限強化コンボが搭載されることも。

その爆発力は環境随一だが、全体除去に非常に弱く、マッチ2ゲーム目以降は苦しい戦いを強いられることが多い。グランプリ神戸11では参加者数4位を誇るも、2日目に駒を進めたデッキはごくわずかであった。

[編集] オンスロート・ブロック~アラーラの断片ブロック期

モーニングタイド期のスタンダードではローグデッキのひとつに過ぎなかった親和エルフが劇的に強化され、プロツアーベルリン08では上位を独占している。


Heritage Druid / 遺産のドルイド (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

あなたがコントロールするアンタップ状態のエルフ(Elf)3つをタップする:(緑)(緑)(緑)を加える。

1/1

[編集] テンペスト・ブロック~オンスロート・ブロック期

ラノワールのエルフ/Llanowar Elvesラノワールの使者ロフェロス/Rofellos, Llanowar Emissaryを並べ、ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradleなどによる潤沢なマナを背景に、相手を圧倒するタイプが主流。


Llanowar Elves / ラノワールのエルフ (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):(緑)を加える。

1/1


Rofellos, Llanowar Emissary / ラノワールの使者ロフェロス (緑)(緑)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):あなたがコントロールする森(Forest)1つにつき(緑)を加える。

2/1

エルフガイアの揺籃の地/Gaea's Cradleを使用することから、クレイドルエルフと呼ばれることが多い。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (25) 3 繁殖力/Fecundity
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves 1 エルフの抒情詩人/Elvish Lyrist
4 極楽鳥/Birds of Paradise 1 黄塵地帯/Dust Bowl
3 錯乱した隠遁者/Deranged Hermit 3 束縛/Bind
1 エルフの抒情詩人/Elvish Lyrist 1 ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle
3 貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth 1 起源/Genesis
4 ラノワールの使者ロフェロス/Rofellos, Llanowar Emissary 1 マスティコア/Masticore
3 スカイシュラウドの密猟者/Skyshroud Poacher 1 帰化/Naturalize
3 マスティコア/Masticore 1 スパイクの飼育係/Spike Feeder
呪文 (12) 1 系図の石版/Slate of Ancestry
4 獣群の呼び声/Call of the Herd 1 ウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutan
4 生ける願い/Living Wish
2 帰化/Naturalize
2 系図の石版/Slate of Ancestry
土地 (23)
2 黄塵地帯/Dust Bowl
18 森/Forest
3 ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle

[編集] モダン

モダンではフォーマット制定当初から垣間見る自然/Glimpse of Nature禁止されており、長らく目立った成果を上げることができなかった。しかしタルキール龍紀伝から集合した中隊/Collected Companyを獲得したことで大きく強化され、活躍を見せるようになった。


Ezuri, Renegade Leader / 背教の主導者、エズーリ (1)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) 戦士(Warrior)

(緑):他のエルフ(Elf)1体を対象とし、それを再生する。
(2)(緑)(緑)(緑):あなたがコントロールするエルフ・クリーチャーは、ターン終了時まで+3/+3の修整を受けるとともにトランプルを得る。

2/2


Collected Company / 集合した中隊 (3)(緑)
インスタント

あなたのライブラリーの一番上から6枚のカードを見る。その中から、点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー・カードを最大2枚まで戦場に出す。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


各種マナ・クリーチャー遺産のドルイド/Heritage Druidイラクサの歩哨/Nettle Sentinelコンビでマナを、エルフの幻想家/Elvish Visionary手札を確保しながらエルフを並べ、最後はエルフの大ドルイド/Elvish Archdruidニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyxによる大量マナから背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader全体強化能力に繋げて押し切る。

集合した中隊と召喚の調べ/Chord of Callingという2種類のサーチカードを擁するため、呪文滑り/Spellskite漁る軟泥/Scavenging Oozeなどのメタ能力を持つクリーチャーを必要に応じてシルバーバレットすることができる。この点を活かすべく他の(特に)をタッチし、採用できるクリーチャーの幅を広げているものが多い。

[編集] サンプルレシピ

[編集] タッチ白

Elves [3]
土地 (18)
5 森/Forest
4 剃刀境の茂み/Razorverge Thicket
4 魂の洞窟/Cavern of Souls
3 ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
1 先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers
1 ペンデルヘイヴン/Pendelhaven
クリーチャー (34)
4 イラクサの歩哨/Nettle Sentinel
4 エルフの神秘家/Elvish Mystic
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 遺産のドルイド/Heritage Druid
4 エルフの幻想家/Elvish Visionary
4 エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid
3 背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader
1 呪文滑り/Spellskite
1 漁る軟泥/Scavenging Ooze
1 獣相のシャーマン/Fauna Shaman
1 永遠の証人/Eternal Witness
1 再利用の賢者/Reclamation Sage
1 エルフのチャンピオン/Elvish Champion
1 スラーグ牙/Thragtusk
呪文 (8)
4 集合した中隊/Collected Company
4 召喚の調べ/Chord of Calling
サイドボード (15)
1 呪文滑り/Spellskite
1 再利用の賢者/Reclamation Sage
3 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
3 内にいる獣/Beast Within
2 引き裂く突風/Fracturing Gust
2 四肢切断/Dismember
1 ナイレアの弓/Bow of Nylea
1 静翼のグリフ/Hushwing Gryff
1 ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender

[編集] タッチ白黒

Elves(Modern) [4]
土地 (18)
4 魂の洞窟/Cavern of Souls
2 草むした墓/Overgrown Tomb
1 寺院の庭/Temple Garden
1 ペンデルヘイヴン/Pendelhaven
3 森/Forest
2 地平線の梢/Horizon Canopy
3 霧深い雨林/Misty Rainforest
2 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
クリーチャー (33)
4 遺産のドルイド/Heritage Druid
4 イラクサの歩哨/Nettle Sentinel
4 エルフの神秘家/Elvish Mystic
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
3 エルフの幻想家/Elvish Visionary
2 ドゥイネンの精鋭/Dwynen's Elite
1 呪文滑り/Spellskite
4 エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid
2 背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader
1 エルフのチャンピオン/Elvish Champion
4 群れのシャーマン/Shaman of the Pack
呪文 (9)
2 暴走の先導/Lead the Stampede
4 集合した中隊/Collected Company
3 召喚の調べ/Chord of Calling
サイドボード (15)
1 呪文滑り/Spellskite
1 臓物の予見者/Viscera Seer
1 戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War's Wage
1 再利用の賢者/Reclamation Sage
1 永遠の証人/Eternal Witness
2 ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender
2 シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast
2 四肢切断/Dismember
2 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
2 引き裂く突風/Fracturing Gust

[編集] レガシー

レガシーでも一定の勢力が見られるデッキである。


Quirion Ranger / クウィリーオン・レインジャー (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf)

あなたがコントロールする森(Forest)を1つ、オーナーの手札に戻す:クリーチャー1体を対象とし、それをアンタップする。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。

1/1


Fyndhorn Elves (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):(緑)を加える。

1/1

オンスロート以降の強力なエルフをはじめとして、クウィリーオン・レインジャー/Quirion RangerFyndhorn Elvesを「追加のラノワールのエルフ/Llanowar Elves」として採用しているものが一般的。大量のマナ加速から、エルフを次々に展開し、全体強化によって押し潰す戦略が基本となる。

弱点としては、相変わらずのリセット耐性の低さや、宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator擁するゴブリンと違い、スロット除去に割きづらいことが挙げられる。加速手段として大量のエルフを用いることも、他の呪文にスロットを割けない一因である。

近年では、様々なタイプに派生が進んでいる。そのいずれも、エルフの弱点である単調さや、「マナはあるが、ロードがいなくて殴るに殴れない」といった状況を打破するための手段として研究が進んでいる。アタッカーとして有用なエルフを多く用いた、一種のストンピィと見ることができるタイプや、大量のクリーチャーを用いることを利用し適者生存/Survival of the Fittestを搭載したタイプなどが登場している。

[編集] サンプルレシピ

[編集] 初期

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (43) 4 繁殖力/Fecundity
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves 4 ヴィリジアンの盲信者/Viridian Zealot
4 クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger 4 津波/Tsunami
4 ティタニアの僧侶/Priest of Titania 3 エルフの抒情詩人/Elvish Lyrist
4 血統のシャーマン/Bloodline Shaman
4 ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote
4 部族の腕力魔道士/Tribal Forcemage
4 森の伝書使/Sylvan Messenger
4 宝石の手の徘徊者/Gempalm Strider
4 深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow
4 Fyndhorn Elves
3 エルフのチャンピオン/Elvish Champion
呪文 (0)
土地 (17)
2 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
2 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
9 森/Forest
4 ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle

[編集] イーブンタイド後

メインデッキ (60)
クリーチャー (41)
1 鉤爪の統率者/Caller of the Claw
1 カメレオンの巨像/Chameleon Colossus
3 Fyndhorn Elves
4 遺産のドルイド/Heritage Druid
4 傲慢な完全者/Imperious Perfect
3 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 イラクサの歩哨/Nettle Sentinel
3 クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
3 スカイシュラウドの精鋭/Skyshroud Elite
4 森の伝書使/Sylvan Messenger
3 ワイアウッドの伝令/Wirewood Herald
4 狼骨のシャーマン/Wolf-Skull Shaman
4 レンの地の克服者/Wren's Run Vanquisher
プレインズウォーカー (2)
2 野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
土地 (17)
7 森/Forest
2 ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
サイドボード
4 クローサの掌握/Krosan Grip
3 真髄の針/Pithing Needle
4 トーモッドの墓所/Tormod's Crypt
4 梅澤の十手/Umezawa's Jitte

[編集] Pauper

マナ加速用のエルフはコモンに多いことから、Pauperでも一定数見られる。


Priest of Titania / ティタニアの僧侶 (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):戦場に出ているエルフ(Elf)1つにつき(緑)を加える。

1/1


Birchlore Rangers / 樺の知識のレインジャー (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

あなたがコントロールするアンタップ状態のエルフ(Elf)を2体タップする:好きな色のマナ1点を加える。
変異(緑)(あなたはこのカードを、(3)で2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。これの変異コストで、これをいつでも表向きにしてもよい。)

1/1

アンコモン遺産のドルイド/Heritage Druidこそ使用不可であるが、樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangersイラクサの歩哨/Nettle Sentinelの組み合わせは健在。クウィリーオン・レインジャー/Quirion Rangerティタニアの僧侶/Priest of Titaniaの組み合わせもあるのでマナは有り余るほど出る。そのマナからリス・アラナの狩りの達人/Lys Alana Huntmaster森林守りのエルフ/Timberwatch Elfエルフの枝曲げ/Elvish Branchbenderエルフの先兵/Elvish Vanguardエターナルマスターズ以降)といったエルフの数が重要なエルフたちを高速展開する。バーンストンピィなどが相手なら幸運を祈る者/Wellwisherも事実上の勝ち手段となり得るだろう。豊富なマナとクリーチャーの頭数を活かしてヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow除去の手段にするなど、柔軟な戦略を取れる。

ドロー手段としてをタッチしての遠くの旋律/Distant Melodyが長らく主流であったが、アイコニックマスターズにて暴走の先導/Lead the Stampedeがコモンで収録されたことから、現在では緑単色での構築が可能となっている。

弱点はやはり全体除去。Pauperは全体除去の少ない環境であるが、電謀/Electrickeryのようなタフネス1のクリーチャーを狙い撃ちにするカードはそれなりにあり、タフネス1を多用するこのデッキにとっては致命傷になるので飛行対策も兼ねて蜘蛛糸の鎧/Spidersilk Armorを採用することもある。それでも墓所のネズミ/Crypt Ratsクラーク族のシャーマン/Krark-Clan Shamanあたりはどうしようもないので、なかなかトップメタまで上り詰めるまでは至らなかった。

しかし、遠くの旋律が暴走の先導に置き換わったことで全体除去後のリカバリーが可能になり、島/Island森のレインジャー/Sylvan Rangerを使わなくてもよくなり安定性も向上。当時トップメタだったストンピィに相性が良いこともあり、一大勢力となった。

[編集] サンプルレシピ

[編集] 初期型

Elves(Pauper) [5]
土地 (16)
11 森/Forest
1 島/Island
4 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
クリーチャー (40)
4 樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers
4 エルフの枝曲げ/Elvish Branchbender
4 エルフの幻想家/Elvish Visionary
4 Fyndhorn Elves
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 リス・アラナの狩りの達人/Lys Alana Huntmaster
4 イラクサの歩哨/Nettle Sentinel
4 クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
4 森林守りのエルフ/Timberwatch Elf
4 幸運を祈る者/Wellwisher
呪文 (4)
4 遠くの旋律/Distant Melody
サイドボード (15)
4 本質の管理人/Essence Warden
4 滋養/Nourish
4 Thermokarst
3 活力の覆い/Wrap in Vigor

[編集] タッチ青

Pauper Elves [6]
土地 (13)
12 森/Forest
1 島/Island
クリーチャー (39)
4 樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers
3 エルフの神秘家/Elvish Mystic
2 Fyndhorn Elves
3 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 ラノワールの歩哨/Llanowar Sentinel
4 イラクサの歩哨/Nettle Sentinel
4 ティタニアの僧侶/Priest of Titania
4 クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
3 森のレインジャー/Sylvan Ranger
4 森林守りのエルフ/Timberwatch Elf
4 幸運を祈る者/Wellwisher
呪文 (8)
4 遠くの旋律/Distant Melody
2 蜘蛛糸の鎧/Spidersilk Armor
2 ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow
サイドボード (15)
3 上機嫌の破壊/Gleeful Sabotage
2 心の管理人/Heart Warden
2 一瞬の平和/Moment's Peace
4 散弾の射手/Scattershot Archer
4 Thermokarst

[編集] 緑単

Elves(Pauper) [7]
土地 (10)
10 森/Forest
クリーチャー (33)
2 エルフの枝曲げ/Elvish Branchbender
4 エルフの神秘家/Elvish Mystic
4 エルフの幻想家/Elvish Visionary
2 本質の管理人/Essence Warden
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
3 イラクサの歩哨/Nettle Sentinel
4 クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
3 安寧砦の精鋭/Safehold Elite
3 散弾の射手/Scattershot Archer
4 森林守りのエルフ/Timberwatch Elf
呪文 (17)
4 ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe
4 土地譲渡/Land Grant
3 魔力変/Manamorphose
3 怨恨/Rancor
3 蜘蛛糸の鎧/Spidersilk Armor
サイドボード (15)
3 ブラストダーム/Blastoderm
3 上機嫌の破壊/Gleeful Sabotage
2 本質の管理人/Essence Warden
2 ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow
2 幸運を祈る者/Wellwisher
1 蜘蛛糸の鎧/Spidersilk Armor
1 夜の土/Night Soil
1 大祖始の遺産/Relic of Progenitus

[編集] 緑単(アイコニックマスターズ後)

Elves [8]
土地 (14)
14 森/Forest
クリーチャー (41)
2 樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers
2 エルフの枝曲げ/Elvish Branchbender
3 エルフの神秘家/Elvish Mystic
4 エルフの先兵/Elvish Vanguard
4 エルフの幻想家/Elvish Visionary
3 Fyndhorn Elves
3 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 リス・アラナの狩りの達人/Lys Alana Huntmaster
4 ティタニアの僧侶/Priest of Titania
4 クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
4 森林守りのエルフ/Timberwatch Elf
4 幸運を祈る者/Wellwisher
呪文 (5)
4 暴走の先導/Lead the Stampede
1 ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow
サイドボード (15)
1 空への斉射/Aerial Volley
2 本質の管理人/Essence Warden
2 帰化/Naturalize
2 滋養/Nourish
2 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
2 散弾の射手/Scattershot Archer
2 もつれ/Tangle
2 活力の覆い/Wrap in Vigor

[編集] 参考

QR Code.gif