獣群の呼び声/Call of the Herd

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Call of the Herd / 獣群の呼び声 (2)(緑)
ソーサリー

緑の3/3の象(Elephant)クリーチャー・トークンを1体生成する。
フラッシュバック(3)(緑)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストでプレイしてもよい。その後それを追放する。)


フラッシュバック付きのトークン生成呪文マナ・コストとフラッシュバック・コストのどちらもコスト・パフォーマンスが高いのが特徴。

普通に唱えてもネシアンの狩猟者/Nessian Courser相当だが、フラッシュバックのコストも4マナと、マナカーブに沿っての展開が期待できるため、単純に2枚分の働きができる。一般的なフラッシュバック呪文と同様にカード・アドバンテージを稼げるだけでなく、テンポ面でも優秀なカード。さらに色拘束が薄いのでタッチデッキであっても投入できるのも魅力。墓地にこれが何枚かあれば、全体除去された後もクリーチャーに困らない。

ビートダウンに留まらず、早い時期からコントロールデッキでも活躍した。スタンダードエクステンデッドにおけるPT Junkや、エクステンデッドでのワラミーズ等が有名。

さらに、時のらせんタイムシフトによる再録を果たしスタンダードへ帰ってくると、クロック・パーミッションセレズニア対立グルール・ビートなど環境の緑絡みのデッキで使用された。まさに時代を超えて最前線に立つパワーカードである。

トークンゆえにバウンスに弱い。インベイジョン・ブロック構築から使われていた排撃/Repulseはね返り/Recoil、タイムシフト後は撤廃/Repealなどの優秀なバウンスの使用に拍車をかけ、環境にバウンスが溢れるようになった。

[編集] 参考

QR Code.gif