地雷

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

地雷(Rogue Deck)とは、トーナメントに出たごく少数派のデッキや、完全にメタから外れているデッキ。対策カードの隙を突いたり、動きを読ませないで勝ちを拾う(通称「わからん殺し」)ことを目的として構築される。

トップメタ群を強く意識したデッキは、例え独自色が強くてもアンチデッキ扱いになり、普通「地雷」とは呼ばれない。メタに追従するのではなく、わざと逸脱しているデッキのことである。そのため、奇抜なコンボデッキなどがこのカテゴリに分類される場合が多い。

アンチデッキのようなタイプに対しては裏を掻くことができるが、メタから外れる形で強いデッキを作るのはそもそも難しく、また調整不足から不安定になってしまうケースも多い。それだけにハードルは高いわけであるが、強いデッキが出来た際の快感と栄光を求め、多くのプレイヤーが挑戦を試みる分野である。実際に「日本三大地雷」のように、地雷使いと呼ばれるデッキビルダーも存在する。

メタを揺るがすような強い地雷が現れた例も多数ある。具体的にはターボジョークルミラクルグロウCALなどの名前が挙げられるか。

  • 伏兵とかローグとか呼ばれることもある。ローグ(Rogue)とは「はぐれもの」の意。大会にほぼ単独で存在することから。
  • たいてい、活躍した地雷デッキは次からメタられるので大した結果を残せなくなるものである。
  • かつては、日本人の作る活躍するデッキはこれだと思われていた。

[編集] 参考

QR Code.gif