ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gaddock Teeg / ガドック・ティーグ (緑)(白)
伝説のクリーチャー — キスキン(Kithkin) アドバイザー(Advisor)

点数で見たマナ・コストが4以上の、クリーチャーでない呪文は唱えられない。
マナ・コストに(X)を含む、クリーチャーでない呪文は唱えられない。

2/2

ローウィンで作られた、各主要クリーチャー・タイプ伝説のクリーチャーサイクルの1体。非クリーチャー呪文は3マナ以下のものしか唱えることができなくなる。

除去能力を持つクリーチャーや軽い除去などが対処法。そういったカードを中心とするデッキにとってはただの小型クリーチャーだが、神の怒り/Wrath of Godに除去を頼っている低速コントロールや、除去手段を持たず、踏み荒らし/Overrunなどを使用して殴りきるような戦略を取るデッキにとっては結構やっかいな存在である。

構築での採用は主にキーカードが4マナ以上になることが多い、コンボデッキへのアンチカードとして使われる。特に苦悶の触手/Tendrils of Agonyを潰せることが大きく、呪文連打型のストームデッキの速度を大きく削ぎ落してくれる。

2マナ2/2と使いやすいサイズだが、何も考えずに採用すると自分の首を絞めかねないことには注意が必要。幽体の行列/Spectral Processionなどの単色混成マナ・シンボルのカードや、黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmaneなどのプレインズウォーカーの使用が自身も制限されてしまうのは大きな欠点。またリミテッドでは「2/2バニラの方がマシ」といった状況にもなりうる。

  • 分割カードは、この能力の条件に当てはまる側で唱えることを禁止されるが、この条件に当てはまらない側は唱えることができる。もちろん、両方の側がこの条件に当てはまるならどちらでも唱えられない。
  • 呪文を唱えることを禁止するだけなので、サイクリングなどの起動型能力起動は一切妨ぐことができない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィン多色伝説のクリーチャーサイクル。いずれもローウィンで強化されたクリーチャー・タイプを持つ。

こちらの公式サイトのコラムも参照。

[編集] ストーリー

ストーリーの詳細はガドック・ティーグ/Gaddock Teeg (ストーリー) を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif