無限マナ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無限マナ(Infinite Mana)とは、無限ループの過程でいくらでもマナを生み出せるような状態のことをあらわす俗称。


Grim Monolith / 厳かなモノリス (2)
アーティファクト

厳かなモノリスは、あなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
(T):あなたのマナ・プールに(◇)(◇)(◇)を加える。
(4):厳かなモノリスをアンタップする。



Power Artifact (青)(青)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(アーティファクト)
エンチャントされているアーティファクトの起動型能力のコストは、それを起動するためのコストが(2)少なくなる。この効果は、能力を起動するためのコストのマナの総量を1マナより少なくすることはない。


ただし、銀枠世界の例外を除けば、マジック無限は存在しない。無限マナと呼ばれていても実際のマナの量は有限である。実際のゲーム中は、いくつのマナがマナ・プールにあるのかを伝えなければならない。大抵最後にはX火力が飛ぶ。

  • 無限マナ同士の戦いではスタックのルールと同様、後出し側が有利である。たとえば無限ライフを得た相手を無限X火力で倒す場合、実際に相手が得たライフより多い数を指定すればよいが、インスタントで無限ライフを得られる相手に対して、こちらが先に無限X火力を撃つ場合、相手は受けるダメージより多くのライフを得ればよいため、こちらがどのような数を指定したとしても倒すことはできない。

[編集] 銀枠における無限マナ

アンヒンジドMox Lotusがあればタップだけで無限のマナを出すことが可能。

Mox Lotusによって発生した無限のマナを使い切ることは不可能である。なぜなら、1回の呪文で有限のマナしか消費できないし、ループも有限回しか繰り返せないからである。しかし、「マナ・プールを空にする」効果ならばマナの量を指定する必要も無いので、無限と言えど問答無用で空になる(→「空にする」でテキスト検索)。

[編集] おそらく最初にプレイされた無限マナのコンボ

なお、現在のルールではこのループは成立しない。

[編集] 主な無限マナデッキ

[編集] 参照

QR Code.gif