貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ravenous Baloth / 貪欲なるベイロス (2)(緑)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast)

ビースト(Beast)を1体生け贄に捧げる:あなたは4点のライフを得る。

4/4

ビースト生け贄に捧げることでライフ得る能力を持つビースト。

4マナ4/4と非常に優秀な性能に加え、ライフ回復能力でダメージレースに貢献しつつ除去などに対してアドバンテージの損失を抑える役目も担う。ビーストを多用するデッキでなくとも、自分自身がビーストであるため、ボトルのノーム/Bottle Gnomesのような運用が可能で無駄になることがない。

オンスロートが使用可能だった時期のスタンダードオンスロート・ブロック構築において、白緑ビートダウンビーストデッキ)やステロイドなどの中堅クリーチャーとして奮迅の活躍をした。

またアストログライドエンドレスリアニメイトなどのコントロール・デッキにおいて、起源/Genesis定員過剰の墓地/Oversold Cemeteryなどで繰り返し利用する目的で投入されることもあった。対戦相手ブロッカーがいなければ攻撃し、いるならライフ回復に専念する、という二段構えの戦法が可能。この場合、生ける願い/Living Wishからシルバーバレットする構成にすることが多い。

ライフ20点を削ろうとすることが信条のバーンデッキや、ドラコ爆発ドネイトなどに対しても効果が高いため、それらが一定勢力を誇っている環境でも有力な選択肢。旧エクステンデッドではThe Rockなどで、それらのデッキへの牽制として採用された。同デッキでは全体除去破滅的な行為/Pernicious Deedとの相性のよさも利点である。

[編集] 開発秘話

初期のデザインは3/4で生け贄に捧げることができるのは自身のみであった。現在のステータスに上方修正されたのはデベロップ段階であった。(→Card of the Day 2002/10/09邦訳)参照)

[編集] 参考

QR Code.gif