キランの真意号/Heart of Kiran

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Heart of Kiran / キランの真意号 (2)
伝説のアーティファクト — 機体(Vehicle)

飛行、警戒
搭乗3(あなたがコントロールする望む数のクリーチャーを、パワーの合計が3以上になるように選んでタップする:ターン終了時まで、この機体(Vehicle)はアーティファクト・クリーチャーになる。)
あなたはキランの真意号の搭乗コストを支払うのではなく、あなたがコントロールするプレインズウォーカー1体の上から忠誠(loyalty)カウンターを1個取り除いてもよい。

4/4

領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagshipに続く二枚目の伝説の機体

搭乗コストは3と高めだが、2マナパワー4飛行警戒持ちという超高性能スペック。幸いにして、模範的な造り手/Toolcraft Exemplar屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger経験豊富な操縦者/Veteran Motoristなど、軽い乗り手には困らない。

搭乗コストをプレインズウォーカー忠誠カウンター1個で代用できるという能力も有用。特に、ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikarは、強力なプレインズウォーカーでありながらマイナス忠誠度能力を使用することが稀なため、非常に相性がよい。

スタンダードではマルドゥ機体禁止になった密輸人の回転翼機/Smuggler's Copterの穴を埋めるため、伝説にも関わらず4枚採用されている。アモンケット参入後も削剥/Abradeなどの対策カードは増えているが、環境で一定の存在感を発揮し続けている。

  • 忠誠カウンターを好きなだけ取り除けるので、かなり乱暴だが自分のプレインズウォーカーを任意に墓地へ送ることができる。コントロール奪取などに対する最後の手段として。
  • クリーチャー化したプレインズウォーカーに特権剥奪/Revoke Privilegesエンチャントしても、「機体に搭乗できない」効果は忠誠カウンター1個による疑似搭乗を妨げない。あくまで搭乗コストを忠誠度カウンターで支払っているだけで、プレインズウォーカー自身が搭乗している訳ではないからである。
  • イラストは右方向が前。青緑色の船橋の窓が確認できる。勘違いされやすいが左方向に進むアンコウのような形状の船ではない。

[編集] ストーリー

キランの真意号/Heart of Kiranキラン・ナラー/Kiran Nalaarによって設計・建造され、ラシュミ/Rashmiの手で完成された飛空船。霊気塔/The Aether Spireへの攻撃、ひいては次元橋/Planar Bridgeの破壊のために改革派/Renegadeにより完成するに至った。

本来はテゼレットの破滅号/Tezzeret's Ruinという名前だったが、ラシュミの「我々の目的はテゼレット/Tezzeretの打倒ではなく、キラン・ナラーの遺した発明の精神を守ることである」という主張により新たに命名された。

[編集] 登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif