青霊破/Blue Elemental Blast

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Blue Elemental Blast / 青霊破 (青)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・赤の呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
・赤のパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。


赤霊破/Red Elemental Blastと対を成し、対抗色の特徴が前面に出たカード対象が限定されているが、だからこそ妨害されにくい呪文の1つ。には珍しい破壊呪文。

[編集] 水流破/Hydroblastとの違い

類似のカードに水流破/Hydroblastがあるが、どちらが優れているかという比較は一概には言えず、一長一短である。簡単に言ってしまえば、「赤でなければ対象に取れない青霊破」と、「一応、何でも対象に取れる水流破」といった違いなのだが、具体例としては以下のような場合がある。

  • 偏向/Deflectionのような「対象の変更効果。青霊破は対象のが限定的な分、影響されづらい。水流破はどんな対象にでも変えられてしまう。
    • 最近は対象を変える呪文はに移っているので、「自分自身に対象を向けさせて擬似的に打ち消す」方法に関しては水流破も青霊破も差がなくなっていると言える。赤霊破/Red Elemental Blast紅蓮破/Pyroblastに対しての呪文で対象変更を行う場合も同じ。
  • 臨機応変/Sleight of Mindのような「文章変更」効果。対応しない色を対象に取れる水流破/Hydroblastは、唱えてからルール文章を書き換えれば任意の色の呪文を打ち消せる。青霊破は赤の呪文がなければそもそも唱えられないので、赤を対象にする→書き換える→対象変更効果で曲げる、という非常に面倒な手順を踏まないと書き換えての打ち消しができない。
  • 死者の嘆き、崩老卑/Horobi, Death's Wailのような「対象になるたび〜」というカード。青霊破では、対戦相手が赤でないかぎり対象にとれないため条件を満たせない。水流破は、対応しない色も対象にできる。
  • 黒の万力/Black Viseを対戦相手に出された」などの理由で手札を消費したい場合。青霊破は赤の呪文がスタックに乗っているか、赤のパーマネント戦場に出ていないと唱えられない。水流破は、呪文がスタックに乗っているかパーマネントが戦場に出ていれば、色に関係なく唱えられる。

また、これは性能の違いというわけではないが、Magic Onlineにおいては青霊破(および赤霊破)はアンコモンとしてしか収録されていない。一方の水流破(および紅蓮破)はコモンとして収録されているため、Pauperでは必然的に水流破(および紅蓮破)を使用することになる。

[編集] 参考

QR Code.gif