漁る軟泥/Scavenging Ooze

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Scavenging Ooze / 漁る軟泥 (1)(緑)
クリーチャー — ウーズ(Ooze)

(緑):いずれかの墓地にあるカード1枚を対象とし、それを追放する。それがクリーチャー・カードである場合、漁る軟泥の上に+1/+1カウンターを1個置き、あなたは1点のライフを得る。

2/2

墓地対策能力を持つ緑マナ1点で墓地カードを1枚追放でき、さらにそれがクリーチャー・カードならば+1/+1カウンターが置かれるとともに1点のライフ得られる

2マナ2/2という及第点のマナレシオでありつつ、墓地対策も兼ねられるという便利なクリーチャーである。リアニメイト系など墓地を利用するデッキに対して有効なのはもちろんのこと、サイズ強化回復ができることから、特に墓地利用を狙わないデッキに対しても腐りにくい。

統率者の新録カードの中では、狼狽の嵐/Flusterstormと並びトーナメント実績の最も高い1枚。レガシーヴィンテージ共に墓地利用の活発な環境であるため、メインデッキから搭載できる墓地対策カードの需要は大きく、を含むデッキにレガシーでは緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith、ヴィンテージでは各種教示者からのシルバーバレット要員として1枚挿しされる場合が多い。そのため、かなりの高額カードとなっていた。

その後基本セット2014にて再録。登場時のスタンダード環境で有力なデッキタイプであるリアニメイトを対策できることと、そもそもクリーチャーが多い環境であるため注目された。再録に伴ってモダンでも使用できるようになり、死儀礼のシャーマン/Deathrite Shamanタルモゴイフ/Tarmogoyfなど強力なカードへの対策として、ジャンドジャンクなど様々なデッキでメインデッキから採用されている。

リミテッドでももちろん強力な1枚。自然とクリーチャー中心にデッキが構築されるため、対象に困ることは少なく、安定して強化できる。

[編集] 参考

QR Code.gif