ゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabob

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Squee, Goblin Nabob / ゴブリンの太守スクイー (2)(赤)
伝説のクリーチャー — ゴブリン(Goblin)

あなたのアップキープの開始時に、あなたはあなたの墓地にあるゴブリンの太守スクイーをあなたの手札に戻してもよい。

1/1

何度でも墓地から手札戻る伝説のゴブリン。手札を捨てることをコストデメリットとする能力群を、ノーコストで埋め合わせてしまう。

その能力ゆえ、戦場に出ないクリーチャーの典型であり代表格。青茶単隆盛期には赤マナが1つも出ないのにもかかわらず(そして伝説であるにもかかわらず)マスティコア/Masticoreのために4枚積みされる事も多かった。適者生存/Survival of the Fittestを用いたnWoトレードウィンド・サバイバルなどのデッキでは、生け贄に捧げられたり捨てられたりと大活躍。時にはチャンプブロック対戦相手大型クリーチャーを毎ターン果敢に止めている姿を見ることも。

また、オデッセイ参入後のエクステンデッド環境ではゾンビの横行/Zombie InfestationのコストとしてKrovikan Horrorとともに使用され、ベンツォ系デッキの中核となった。現在の主戦場はヴィンテージで、Bazaar of Baghdadとの強烈なシナジーでもって活躍を続けている。

メルカディアン・マスクス期、第10版期共に、スタンダードではそれほど目立った活躍が無かった。カードプールが広がるほどポテンシャルが発揮されるカードの典型と言える。

[編集] 開発秘話

Mark Rosewaterはデザインの目標として、スクイーが非常に幸運だという印象を再現することにした。墓地から手札に戻るメカニズムは死者復活ではなく、死んだと思われても実は生きていた、彼は幸運すぎて殺せないのだから、と伝えようとしたものだった。このカードは好評を博し、創作意欲を刺激された小説の作家がスクイーを不死身に変えた(小説Planeshift)。メカニズムの誤解釈を知った時にはすでに出版された後であり、こうしてスクイーは不死身設定となった。[1]

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

ゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabobは、メルカディア/Mercadiaでカイレン・ゴブリンの太守の地位についたスクイー/Squeeをカード化したもの(イラスト)。身にまとうのは将軍の正装/General's Regaliaである。

「将軍だって?」とターンガースは吠えた。「さしずめ迷惑将軍てとこだろうよ」

カード名の「nabob」とは「ムガル帝国時代のインドの知事・太守」のこと。そこから転じて「(特にインド帰りの)成金、大富豪、傑出した人物」の意味がある(wikipedia:ja:ネイボッブ参照)。インド的な雰囲気もあるメルカディアらしい称号であり、後のインベイジョン・ブロックで、勇敢な活躍を度々見せるメルカディア帰りのスクイーにも相応しい二つ名といえる。

将軍の正装を着替えた新規イラスト第10版では、まるで死んでも生き返る不死身のようなメカニズムに関して、フレイバー・テキストは「追い払っても戻ってくる使い捨ての者」といった要素を含んでいると示した。この変更は「死んだと思われても実は生きていて戻ってくる」初期デザインコンセプトを反映させたようにも解釈できる。

消耗品のゴブリンもいる。追い出せないゴブリンもいる。でも、こいつは両方だ――しかも同時にだ!
スターク

メルカディアン・マスクス後のプレーンシフトのストーリーで、スクイーはクロウヴァクス/Crovaxに改造され、本当に不死身の肉体となってしまう(小説Planeshiftファイレクシアの暴政/Phyrexian Tyranny#ストーリー参照)。

キャラクターの詳細はスクイー/Squeeを参照。

[編集] 脚注

  1. Face Cards, Part 1/カードの登場 その1

[編集] 参考

QR Code.gif