閑静な中庭/Secluded Courtyard

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Secluded Courtyard / 閑静な中庭
土地

閑静な中庭が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプ1つを選ぶ。
(T):(◇)を加える。
(T):好きな色1色のマナ1点を加える。このマナは、その選ばれたタイプのクリーチャー呪文を唱えるためか、その選ばれたタイプのクリーチャーやクリーチャー・カードの能力を起動するためにしか使用できない。


指定したクリーチャー・タイプ限定の5色土地になる土地起動コストにも色マナ支払えるようになった手付かずの領土/Unclaimed Territoryで、その上位互換

手付かずの領土同様、クリーチャー・タイプを可能な限り統一した部族デッキでの使用が前提となる。あちらと同様、アンタップインかつ最悪無色マナは出せる為テンポは失いづらいが、これで色マナを出せるのはクリーチャーカードに関わる場合のみなので、投入枚数が増えるとそれ以外のカード・タイプを持つ有色呪文を組み込みにくくなる点は気を付けたい。

スタンダードで同居するセットには直近のイニストラード:真夜中の狩り真紅の契りをはじめ部族にフィーチャーしたものが多く存在し、それら部族の中には3色以上にまたがるものもあるので、そうしたデッキを組む際に役立つ。もちろん、2色土地の数自体が限られるスタンダードにおいては2色の部族デッキで使用してマナ基盤を図っても十分役立つだろう。

また、同時期には1つのクリーチャー・タイプに特化した5色土地としてドラゴンの女王の寺院/Temple of the Dragon Queenドラゴン)とヴォルダーレンの居城/Voldaren Estate吸血鬼)も存在している。それぞれこのカードとは一長一短あるので、それらの部族デッキでも方針に合わせ使い分けたい。例えば、ドラゴンデッキでもティアマト/Tiamat神河の魂、香醍/Kyodai, Soul of Kamigawaを使用する型ならより色マナの融通が効きやすいこちらの方が向いていると言える。

パイオニアでは手付かずの領土8枚体制が取れるようになり、部族デッキの安定性を向上させた。モダンでも手付かずの領土と入れ替える・あるいは追加される形で使用されている。

リミテッドでは戦士忍者ならず者スピリットなどが狙い目。とはいえ同セットにはゲインランドが存在するので、よほど特殊な構成にならない限りは基本的にそちらが優先されるだろう。

  • 起動コストに対応したことによる恩恵を特に得られたのは同セットで登場した忍術持ちの忍者だろう。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif