戦慄の復活/Dread Return

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dread Return / 戦慄の復活 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
フラッシュバック ― クリーチャーを3体生け贄に捧げる。(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


死後剛直/Vigor Mortisに続く、色拘束が強くなったゾンビ化/Zombifyクリーチャーを3体生け贄に捧げることでフラッシュバックできる。

フィニッシャー一本釣りしてゲームを決める類のリアニメイトデッキでは、3体もクリーチャーが並ぶことはほとんどないため、フラッシュバックを狙いづらい。しかし、リアニメイトをデッキの一要素として採用しているだけのデッキならば、融通が利くので便利な呪文。

スタンダードでは太陽拳においてゾンビ化と置き換えて採用された。フラッシュバック・コストに使えるクリーチャー・トークンを引き連れてくる骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampireとの相性が特によかった。

発掘デッキなどのライブラリーからカードを大量に墓地に置くデッキには非常に良くかみ合ったカード。墓地から唱えられることの恩恵が大きく、ナルコメーバ/Narcomoebaによってコストも用意できる。スタンダードナルコブリッジを成立させた他、エターナルでもドレッジセファリッド・ブレックファーストなどでフィニッシャーをリアニメイトする手段として活用されている。特にエターナルでは、フラッシュバックで唱えることを前提とすれば、色マナが不要であることも重要な点である。

モダンでは3ターン確定勝利のデッキを避けるという方針から、発掘デッキを牽制するため公式フォーマット化と同時に禁止カードに指定される。

[編集] ストーリー

イラストでアンデッド化された姿で描かれ、フレイバー・テキストでは「邪霊/horrors(ホラー)」と呼ばれているクリーチャー精神を刻むもの/Mindslicerである(イラストは両者ともKev Walkerが担当)。また、時のらせんには過去の暗示が含まれているが、この戦慄の復活はゾンビ化/Zombifyフラッシュバックのメカニズムを組み合わせ、更に精神を刻むもののフレイバーを加味したものであることから、オデッセイ時代を強く意識していることがわかる。(→Allusion-Fest: Dread Return参照)

[編集] 参考

QR Code.gif