黒緑ビートダウン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

黒緑ビートダウン(Black-Green Beatdown)は、黒緑2で構成されるビートダウンデッキ

目次

[編集] 概要

クリーチャー除去手札破壊などのコントロール要素を織り交ぜた、ビート・コントロールの形態をとる場合が多い。

この2対抗色だが、緑のマナサポートによりマナ基盤の不安はそれほどない。緑の苦手な除去を黒が補い、黒単色では対処不可能なエンチャントアーティファクトを緑で対応できるなど、柔軟性に富む。反面、緑青クロック・パーミッションと異なり、呪文全般に対し無防備になりやすいという弱点もあるため、手札破壊のサポートが重要になる。

また、緑のマナ加速から黒のアドバンテージクリーチャーを展開するスタイルのものも存在する。→Vipies

[編集] 戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影ブロック+カラデシュ・ブロック期

環境黒緑昂揚(BG Delirium)の一種として、アグロ型のものが存在する。


Grim Flayer / 残忍な剥ぎ取り (黒)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

トランプル
残忍な剥ぎ取りがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚見る。そのうちの望む枚数をあなたの墓地に置き、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。
昂揚 ― あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるかぎり、残忍な剥ぎ取りは+2/+2の修整を受ける。

2/2


Traverse the Ulvenwald / ウルヴェンワルド横断 (緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから基本土地カード1枚を探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
昂揚 ― あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるなら、代わりにあなたのライブラリーからクリーチャー・カード1枚か土地カード1枚を探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。


詳細は黒緑昂揚を参照。

霊気紛争参入後は、巻きつき蛇/Winding Constrictorと各種カウンターを中心とする黒緑巻きつき蛇(BG Constrictor)が登場した。


Winding Constrictor / 巻きつき蛇 (黒)(緑)
クリーチャー — 蛇(Snake)

あなたがコントロールする、アーティファクトやクリーチャーの上にカウンターが1個以上置かれるなら、代わりにその数に1を足した数のその種類のカウンターをそのパーマネントの上に置く。
あなたがカウンターを1個以上得るなら、代わりにあなたはその数に1を足した数のその種類のカウンターを得る。

2/3


Rishkar, Peema Renegade / ピーマの改革派、リシュカー (2)(緑)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

ピーマの改革派、リシュカーが戦場に出たとき、クリーチャー最大2体を対象とし、それらの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。
あなたがコントロールするカウンターが置かれている各クリーチャーはそれぞれ「(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。」を持つ。

2/2


Walking Ballista / 歩行バリスタ (X)(X)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

歩行バリスタは、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。
(4):歩行バリスタの上に+1/+1カウンターを1個置く。
歩行バリスタの上から+1/+1カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。歩行バリスタはそれに1点のダメージを与える。

0/0

詳細は黒緑巻きつき蛇を参照。

[編集] ラヴニカへの回帰ブロック+テーロス・ブロック期

墓地利用を中心としたビートダウンデッキが存在する。発掘デッキに動きが似ていることから、ゴルガリドレッジ(Golgari Dredge)、黒緑ドレッジ(BG Dredge)などの名で呼ばれる。


Nighthowler / 夜の咆哮獣 (1)(黒)(黒)
クリーチャー エンチャント — ホラー(Horror)

授与(2)(黒)(黒)(このカードを授与コストで唱えた場合、これはエンチャント(クリーチャー)を持つオーラ(Aura)呪文である。クリーチャーにつけられていない場合、これは再びクリーチャーになる。)
夜の咆哮獣とエンチャントされているクリーチャーは、それぞれ+X/+Xの修整を受ける。Xは、すべての墓地にあるクリーチャー・カードの数である。

0/0


Grisly Salvage / 忌まわしい回収 (黒)(緑)
インスタント

あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを公開する。あなたは、それらの中からクリーチャー・カードか土地カードを1枚あなたの手札に加えてもよい。残りをあなたの墓地に置く。


マナ・クリーチャーからマナ加速して忌まわしい回収/Grisly Salvage神々との融和/Commune with the Godsで墓地を肥やし夜の咆哮獣/Nighthowler定命の者の宿敵/Nemesis of Mortalsゴルガリの死者の王、ジャラド/Jarad, Golgari Lich Lordといった墓地のクリーチャー数に応じて強くなるクリーチャーに繋げる。

神々の軍勢からサテュロスの道探し/Satyr Wayfinder責め苦の伝令/Herald of Tormentを獲得したことで強化され、環境に姿を現すようになった。


基本セット2015参入後は、世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwakerなどを中心とした一般的なミッドレンジタイプのものも登場した。


Nissa, Worldwaker / 世界を目覚めさせる者、ニッサ (3)(緑)(緑)
プレインズウォーカー — ニッサ(Nissa)

[+1]:あなたがコントロールする土地1つを対象とする。それはトランプルを持つ4/4のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。それは土地でもある。
[+1]:森(Forest)を最大4つまで対象とし、それらをアンタップする。
[-7]:あなたのライブラリーから望む数の基本土地カードを探し、それらを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。それらの土地はトランプルを持つ4/4のエレメンタル・クリーチャーになる。それらは土地でもある。

3


Desecration Demon / 冒涜の悪魔 (2)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)

飛行
各戦闘の開始時に、いずれの対戦相手もクリーチャーを1体生け贄に捧げてもよい。プレイヤー1人がそうした場合、冒涜の悪魔をタップし、これの上に+1/+1カウンターを1個置く。

6/6

構成は同環境のジャンドプレインズウォーカーズに近く、そこからを抜いて安定性を高めたものと見ることができる。プレインズウォーカーが減った分、冒涜の悪魔/Desecration Demonなどの強力なクリーチャーの比率が増している。

[編集] ドレッジ型

Golgari Dredge [1]
土地 (20)
8 森/Forest
1 ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate
4 草むした墓/Overgrown Tomb
7 沼/Swamp
クリーチャー (31)
2 死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman
3 エルフの神秘家/Elvish Mystic
3 責め苦の伝令/Herald of Torment
2 ゴルガリの死者の王、ジャラド/Jarad, Golgari Lich Lord
4 ロッテスのトロール/Lotleth Troll
4 定命の者の宿敵/Nemesis of Mortals
4 夜の咆哮獣/Nighthowler
4 サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder
2 影生まれの悪魔/Shadowborn Demon
3 森の女人像/Sylvan Caryatid
呪文 (9)
3 神々との融和/Commune with the Gods
4 忌まわしい回収/Grisly Salvage
2 究極の価格/Ultimate Price
サイドボード (15)
3 ゴルガリの魔除け/Golgari Charm
3 生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie
4 霧裂きのハイドラ/Mistcutter Hydra
2 影生まれの悪魔/Shadowborn Demon
2 思考囲い/Thoughtseize
1 エレボスの鞭/Whip of Erebos


[編集] ミッドレンジ型

BG [2]
土地 (25)
4 草むした墓/Overgrown Tomb
4 疾病の神殿/Temple of Malady
4 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
3 変わり谷/Mutavault
2 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
4 森/Forest
4 沼/Swamp
クリーチャー (16)
4 森の女人像/Sylvan Caryatid
2 漁る軟泥/Scavenging Ooze
4 クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
4 冒涜の悪魔/Desecration Demon
2 世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater
呪文 (19)
4 思考囲い/Thoughtseize
2 ゴルガリの魔除け/Golgari Charm
2 胆汁病/Bile Blight
2 究極の価格/Ultimate Price
4 英雄の破滅/Hero's Downfall
1 地下世界の人脈/Underworld Connections
4 世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker
サイドボード (15)
4 強迫/Duress
4 悲哀まみれ/Drown in Sorrow
4 霧裂きのハイドラ/Mistcutter Hydra
2 破滅の刃/Doom Blade
1 地下世界の人脈/Underworld Connections


[編集] ローウィン=シャドウムーア・ブロック期

強力なクリーチャーのサポートを織り交ぜたグッドスタッフビート・コントロール

いわゆるグッドスタッフの例に漏れず、このデッキローウィン=シャドウムーア・ブロック前後の高額レアを山積みにしたようなデッキであり、時に「札束」などと皮肉を込めて呼ばれることもある。


Garruk Wildspeaker / 野生語りのガラク (2)(緑)(緑)
プレインズウォーカー — ガラク(Garruk)

[+1]:土地2つを対象とし、それらをアンタップする。
[-1]:緑の3/3のビースト(Beast)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-4]:ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+3/+3の修整を受けるとともにトランプルを得る。

3


Thoughtseize / 思考囲い (黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは手札を公開する。あなたはその中から土地でないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。あなたは2点のライフを失う。


時のらせんブロック獣群の呼び声/Call of the Herdタルモゴイフ/Tarmogoyfや、ローウィン野生語りのガラク/Garruk Wildspeakerを主力とし、手札破壊思考囲い/Thoughtseizeなどでサポートするのが基本。

世界選手権07では優勝したUri Pelegを含めベスト8中5人を占めた。さらに「ノーマル型」に加え、「ドラン型」、「エルフ型」に分類される。

その他の部分はメタや製作者の好みにより変化し、世界選手権07では3タイプに細分化されているようにグッドスタッフならではのデッキバリエーションに富む。クリーチャー除去叫び大口/Shriekmawエンドカード不敬の命令/Profane Commandあたりが一般的なチョイスである。

リリアナ・ヴェス/Liliana Vessの存在によりサイドシルバーバレット戦略を取ることも可能なので、サイドボードのスペースを広く取れるのも強みである。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (19)
2 極楽鳥/Birds of Paradise
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
2 仮面の称賛者/Masked Admirers
4 オーランのバイパー/Ohran Viper
3 叫び大口/Shriekmaw
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
呪文 (18)
1 眼腐りの終焉/Eyeblight's Ending
3 野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
3 リリアナ・ヴェス/Liliana Vess
1 ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
3 名も無き転置/Nameless Inversion
3 不敬の命令/Profane Command
4 思考囲い/Thoughtseize
土地 (23)
5 森/Forest
4 光り葉の宮殿/Gilt-Leaf Palace
1 地平線の梢/Horizon Canopy
4 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
1 ペンデルヘイヴン/Pendelhaven
3 冠雪の沼/Snow-Covered Swamp
4 樹上の村/Treetop Village
1 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
サイドボード
1 滅び/Damnation
1 根絶/Extirpate
4 猛牛の目/Eyes of the Wisent
2 墓生まれの詩神/Graveborn Muse
1 名も無き転置/Nameless Inversion
1 真髄の針/Pithing Needle
1 裂け目掃き/Riftsweeper
1 叫び大口/Shriekmaw
3 ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman

[編集] ラヴニカ・ブロック+時のらせんブロック期

時のらせんブロック期のスタンダードでは、未来予知で強力アタッカータルモゴイフ/Tarmogoyfが登場したことでメガハンデスが誕生。同年の日本選手権07を制した。


Tarmogoyf / タルモゴイフ (1)(緑)
クリーチャー — ルアゴイフ(Lhurgoyf)

タルモゴイフのパワーは、すべての墓地にあるカードのカード・タイプの数に等しく、タフネスはその点数に1を加えた点数に等しい。

*/1+*


The Rack / 拷問台 (1)
アーティファクト

拷問台が戦場に出るに際し、対戦相手を1人選ぶ。
選ばれたプレイヤーのアップキープの開始時に、拷問台はそのプレイヤーにX点のダメージを与える。Xは、3引くそのプレイヤーの手札の枚数である。


詳細はメガハンデス参照のこと。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (21)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
3 木彫りの女人像/Carven Caryatid
1 墓掘り甲のスカラベ/Grave-Shell Scarab
4 惑乱の死霊/Hypnotic Specter
3 貪欲なるネズミ/Ravenous Rats
3 骸骨の吸血鬼/Skeletal Vampire
3 タルモゴイフ/Tarmogoyf
呪文 (16)
4 酷評/Castigate
3 罪+罰/Crime+Punishment
4 葬送の魔除け/Funeral Charm
2 ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
1 屈辱/Mortify
2 化膿/Putrefy
土地 (23)
4 森/Forest
2 神無き祭殿/Godless Shrine
3 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
4 草むした墓/Overgrown Tomb
5 沼/Swamp
3 寺院の庭/Temple Garden
2 樹上の村/Treetop Village
サイドボード
3 糾弾/Condemn
2 根絶/Extirpate
4 ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch
3 トーモッドの墓所/Tormod's Crypt
3 萎縮した卑劣漢/Withered Wretch

[編集] 神河ブロック+ラヴニカ・ブロック+コールドスナップ期

ラヴニカ:ギルドの都参入初期のスタンダードでは、ゴルガリギルドを主力にしたビート・コントロールデッキが活躍。


Hypnotic Specter / 惑乱の死霊 (1)(黒)(黒)
クリーチャー — スペクター(Specter)

飛行
惑乱の死霊が対戦相手にダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚無作為に選んで捨てる。

2/2


Putrefy / 化膿 (1)(黒)(緑)
インスタント

アーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。


その後しばらくは鳴りを潜めていたが、コールドスナップ知恵の蛇/Ophidianことオーランのバイパー/Ohran Viperが登場したことにより、これと惑乱の死霊/Hypnotic Specterを緑のマナ・クリーチャーから高速展開するVipiesが生まれた。


Birds of Paradise / 極楽鳥 (緑)
クリーチャー — 鳥(Bird)

飛行
(T):あなたのマナ・プールに、好きな色のマナ1点を加える。

0/1


Ohran Viper / オーランのバイパー (1)(緑)(緑)
氷雪クリーチャー — 蛇(Snake)

オーランのバイパーがクリーチャーに戦闘ダメージを与えるたび、戦闘終了時にそのクリーチャーを破壊する。
オーランのバイパーがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。

1/3

詳細はVipiesの項を参照のこと。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (26)
3 空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder
4 極楽鳥/Birds of Paradise
3 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 ウッド・エルフ/Wood Elves
4 惑乱の死霊/Hypnotic Specter
3 ネクラタル/Nekrataal
3 墓掘り甲のスカラベ/Grave-Shell Scarab
2 鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni
呪文 (12)
4 最後の喘ぎ/Last Gasp
4 化膿/Putrefy
4 梅澤の十手/Umezawa's Jitte
土地 (22)
6 沼/Swamp
6 森/Forest
4 草むした墓/Overgrown Tomb
4 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
1 烏羅未の墳墓/Tomb of Urami
1 先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers
サイドボード
2 頭蓋の摘出/Cranial Extraction
4 鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber
4 帰化/Naturalize
2 真髄の針/Pithing Needle
1 空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder
1 ネクラタル/Nekrataal
1 迫害/Persecute

[編集] ミラディン・ブロック+神河ブロック期

神河ブロック期のスタンダードでは、親和消滅後、以前から存在したネズミデッキタッチしたヴィリジアン・ラッツが現れた。


Ravenous Rats / 貪欲なるネズミ (1)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

貪欲なるネズミが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。

1/1


Viridian Shaman / ヴィリジアンのシャーマン (2)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) シャーマン(Shaman)

ヴィリジアンのシャーマンが戦場に出たとき、アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。

2/2

が苦手とするアーティファクト破壊ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shamanで補う。第9版で復活した対抗色ペインランドラノワールの荒原/Llanowar Wastesの存在も大きい。

詳細はヴィリジアン・ラッツの項目を参照のこと。

[編集] オデッセイ・ブロック期

オデッセイ・ブロック期のスタンダードでは、トーメントで登場したマッドネスを利用した黒緑マッドネスが登場。


Putrid Imp / 朽ちゆくインプ (黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) インプ(Imp)

カードを1枚捨てる:朽ちゆくインプはターン終了時まで飛行を得る。
スレッショルド ― あなたの墓地にカードが7枚以上あるかぎり、朽ちゆくインプは+1/+1の修整を受けるとともに、それではブロックできない。

1/1


Arrogant Wurm / 尊大なワーム (3)(緑)(緑)
クリーチャー — ワーム(Wurm)

トランプル
マッドネス(2)(緑)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)

4/4

詳細は黒緑マッドネスを参照。

[編集] マスクス・ブロック構築

マスクス・ブロック構築では、強力なブラストダーム/Blastodermの攻撃を殺し/Snuff Outなどの除去で通すスナフ・オ・ダームが登場。


Snuff Out / 殺し (3)(黒)
インスタント

あなたが沼(Swamp)をコントロールしている場合、あなたは、殺しのマナ・コストを支払うのではなく、4点のライフを支払うことを選んでもよい。
黒でないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。



Blastoderm / ブラストダーム (2)(緑)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast)

被覆(このクリーチャーは呪文や能力の対象にならない。)
消散3(このクリーチャーは、その上に消散(fade)カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。あなたのアップキープの開始時に、それから消散カウンターを1個取り除く。できない場合、それを生け贄に捧げる。)

5/5

その構成からスイカと呼ばれたデッキの走りとなった。詳細はスナフ・オ・ダームを参照のこと。

[編集] エクステンデッド

エクステンデッドThe Rockから発展したビートダウンデッキ京都迷宮案内が存在する。


Llanowar Elves / ラノワールのエルフ (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。

1/1


Cabal Therapy / 陰謀団式療法 (黒)
ソーサリー

土地でないカード名を1つ指定する。プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開し、指定された名前のカードをすべて捨てる。
フラッシュバック ― クリーチャーを1体生け贄に捧げる。(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


クリーチャー手札破壊除去でサポートするデッキで、汎用性は極めて高い。

また、時のらせん参入後は、タッチ基本でない土地への対策の破壊的な流動/Destructive Flowを搭載した亜種、Flow Rockも登場した。


Destructive Flow / 破壊的な流動 (黒)(赤)(緑)
エンチャント

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは基本でない土地1つを生け贄に捧げる。


[編集] レガシー

壌土からの生命/Life from the Loamを核としたビートダウンデッキアグロロームが存在する。


Life from the Loam / 壌土からの生命 (1)(緑)
ソーサリー

あなたの墓地にある土地カードを最大3枚まで対象とし、それをあなたの手札に戻す。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)



Dark Confidant / 闇の腹心 (1)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを1枚公開し、そのカードをあなたの手札に加える。あなたは、その点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う。

2/1

また、タルモゴイフ/Tarmogoyf墓忍び/Tombstalkerを活かしたEva Greenも活躍している。


Tarmogoyf / タルモゴイフ (1)(緑)
クリーチャー — ルアゴイフ(Lhurgoyf)

タルモゴイフのパワーは、すべての墓地にあるカードのカード・タイプの数に等しく、タフネスはその点数に1を加えた点数に等しい。

*/1+*


Tombstalker / 墓忍び (6)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)

飛行
探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。)

5/5

[編集] 参考

QR Code.gif