魂の洞窟/Cavern of Souls

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cavern of Souls / 魂の洞窟
土地

魂の洞窟が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。
(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。このマナは、選ばれたタイプのクリーチャー呪文を唱えるためにのみ使用でき、その呪文は打ち消されない。


古代の聖塔/Ancient Zigguratすべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All能力を足したような土地

クリーチャー・タイプを1つ選ぶ必要があり、デッキを組む時点で注意が必要。しかし、その制限にさえ気をつければ、クリーチャー呪文限定とはいえほぼノーリスクの5色地形であり、カウンターも受け付けないという非常に強力な土地。それでいて伝説の土地でもタップインでもなく、また無色マナの使用には制限が無いためクセがない。

多色デッキ部族デッキの色マナ基盤を大幅に安定させてくれるのはもちろんだが、ごく少数のフィニッシャーしかクリーチャーを採用していないデッキでさえカウンター対策目的に投入されうる。逆にこのカードが環境で流行れば、クリーチャーへのカウンターが非常に難しくなる。バウンスタップ等、別の対策方法を考えたい。

イニストラード・ブロック構築スタンダードでは、イニストラード・ブロックのテーマの一つが部族であったこともあり、大いに活躍した。また、強力なカウンターが溢れるエターナルではさらに価値が上がり、目くらまし/Daze意志の力/Force of Willなどの強力なカウンターを無視して動けるようになるほか、虚空の杯/Chalice of the Voidを張りつつ自分だけ動くようなことも可能。ゴブリンマーフォークカウンタースリヴァーなどの各種部族デッキの定番カードとなっている。

[編集] ルール

  • 指定したクリーチャー・タイプのクリーチャー呪文唱えるために魂の洞窟からマナを引き出す際、どちらのマナ能力起動したのかを宣言しなかった場合、2つ目のマナ能力を起動したものとみなされる。
    • この裁定は一度逆転しており、当初は1つ目のマナ能力を起動したものとみなすという裁定が出されていた。もちろん他のプレイヤーにわかるような行動を心がけることは重要だが、裁定を知らなかったことで不利益が生じるという状況は望ましくないという判断から覆された。
  • 2番目のマナ能力の挙動に注意。
    • あなたマナ・プールに好きな1色のマナ1点を加える。」とあるため、生み出せるのは色マナのみであり、無色マナは生み出せない(無色は色ではない)。
      • その色マナを、必ずしも色マナ・シンボル支払いに充てる必要はない。不特定マナ部分の支払いに使用しても、その呪文を打ち消されなくすることができる。
        • 向上呪文収斂において、支払うマナの色の数を増やすことが可能。
      • マナ・コスト無色マナ・シンボルを含むクリーチャー呪文を唱える際には注意が必要。他に無色マナを生みだせる土地がない場合、魂の洞窟は1番目のマナ能力を起動せねばならないため、打ち消されなくすることができない。
    • 「このマナは、選ばれたタイプのクリーチャー呪文を唱えるためにのみ使用できる」とあるため、クリーチャーではない部族呪文には使用できない。
    • 生み出したマナの使用法が制限されているだけであり、起動すること自体に制限はない。
    • 演劇の舞台/Thespian's Stageによるコピーなどで、クリーチャー・タイプが選ばれていない場合でもこの能力は起動できる。そのマナはどのクリーチャー呪文の支払いに使用することもできないが、例えばマナの座、オムナス/Omnath, Locus of Manaなどの、マナ・プールにあるマナの量を参照するカードに利用することはできる。

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif