怨恨/Rancor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rancor / 怨恨 (緑)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、+2/+0の修整を受けるとともにトランプルを持つ。
怨恨が戦場からいずれかの墓地に置かれたとき、怨恨をオーナーの手札に戻す。


最強のオーラ候補筆頭として名高いエターナルエンチャント

1マナで+2/+0の修整トランプルを与える、の時点で並外れたコスト・パフォーマンスであり、そのうえでオーラの欠点である「エンチャントされているクリーチャー戦場を離れるとオーラが墓地に置かれてしまう」ことによるディスアドバンテージを克服している。

他のオーラのようにつけるクリーチャーを吟味して大事に守りながら運用していく必要が少なく、扱いやすい。手当たり次第につけては討死上等でどんどん攻めていく、いわば「繰り返し使える巨大化/Giant Growthソーサリー」という具合で使うことも少なくなく、本来オーラをつけるのには向いていない歩く火力系使い捨てクリーチャーやクリーチャー化カードともしばしば併用される。

ストンピィジャンクなどクリーチャー主体のデッキに投入されたのはもちろんのこと、エターナルエンチャントの性質を利用してオーランカーキーカードにもなった。スタンダードはもとより、レガシーPauperでも活躍を見せる名カードである。

オーバーパワーなカードとされていたが、基本セット2013にてまさかの再録。ただしアンコモンに格上げされている。

  • 正式な再録こそ基本セット2013のみだが、ガラクvsリリアナアーチエネミーなどの特殊セット収録の機会が多く、フライデー・ナイト・マジックのプロモカードにもなっている。しかしこれだけバリエーションがありながら、イラストは初出から一貫して変更されていない珍しいカード。
  • ウルザズ・レガシー版は印刷された英語版のテキストがめちゃくちゃ。"Enchanted creature gains +2/+0 and trample."となっているが、当時のテンプレートに沿えば"gets +2/+0 and gains trample"である。
  • コモンなのに値段が高いカードの代名詞的存在。かつてはカードショップで1枚400円を上回った事もある。歴代のレアカードとともに、ガラスケースに入って販売されている店もあったほど。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ウルザズ・レガシーエターナルエンチャントサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif