臓物の予見者/Viscera Seer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Viscera Seer / 臓物の予見者 (黒)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) ウィザード(Wizard)

クリーチャーを1体生け贄に捧げる:占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)

1/1

クリーチャー生け贄に捧げることで占術1を行える吸血鬼ウィザード

サイズが小粒であること、能力コストの割に得られる効果がかなりささやかなことから、パッと見は今ひとつ。しかしマナなどの追加コストが不要なので意外と応用の幅が広い。戦闘で死にそうなクリーチャーや、除去対象になったクリーチャーなどを生け贄に捧げることで、損失を最小限に抑えながら能力を活用できる。特に除去を立ち消えさせられる点は重要。稲妻のらせん/Lightning Helixのようなオマケつきカードを無効化したり、追放系除去やバウンスを食らいたくない事情があるクリーチャーを確実に墓地に送り込んだりできる。後者はリアニメイト要素を含むデッキコンボデッキなどにおいて小さくない利点。

スタンダードにおいては、恐血鬼/Bloodghastカラストリアの貴人/Kalastria Highborn闇の後見/Dark Tutelageなどとのシナジーなどに恵まれ、吸血鬼デッキの1マナ圏を埋める存在となった。自身も吸血鬼であるため、部族支援を受けて戦闘をこなせる点も重要。

モダンでは無限頑強コンボパーツとしての活躍が目立つ。占術によるデッキの安定性向上はもちろん、Zooなどの高速ビートダウンが多い環境下では、序盤のチャンプブロック要員としての価値も見逃せない。

[編集] 参考

QR Code.gif