クラーク族のシャーマン/Krark-Clan Shaman

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Krark-Clan Shaman / クラーク族のシャーマン (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) シャーマン(Shaman)

アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:クラーク族のシャーマンは、すべての飛行を持たないクリーチャーに1点のダメージを与える。

1/1

アーティファクト生け贄に捧げる微震/Tremorの効果をもたらすクリーチャー

1/1なので自身の能力に耐えられず、通常は使い切りである。一度に複数回能力を起動して、相手のクリーチャーを道連れにするのが主な使い方。

生け贄にしたアーティファクトとこれ自身を失うことがほぼ確定的なためアドバンテージを失いやすく、それほど使い勝手は良くないのだが、Pauperではタフネス2以上の相手にも有効な全体除去が極めて貴重なため、親和デッキではサイドボードの定番となっている。Pauperの親和デッキは全体的にクリーチャーのタフネスが高いため、相性も良い。

[編集] 参考

QR Code.gif