繁殖力/Fecundity

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fecundity / 繁殖力 (2)(緑)
エンチャント

クリーチャー1体が死亡するたび、そのクリーチャーのコントローラーはカードを1枚引いてもよい。


クリーチャー死亡するとカードを1枚引くことができるエンチャント

ビートダウン用の除去対策カードとして使用できる。クリーチャーを除去されても後続を用意でき、全体除去を撃たれてもリカバリーが可能である。その他、自軍を生け贄に捧げるカードとも相性がよい。

だが、構築ではむしろコンボパーツとして使われることのほうが多かった。最も有名なのはウルザマスクス・ブロック時代のキメラという無限コンボデッキである。

第8版再録された後はビーコンステーションというデッキのキーカードとなった他、禁止された頭蓋骨絞め/Skullclampの代用として赤緑ゴブリンデッキで使用された。その他、エクステンデッドではゴブリンストームに組み込まれたこともある。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

クリーチャーの死亡誘発してカードを引けるパーマネント太字は強制効果。特記しない限り1ドロー。それ自体が自前でドローのPIG能力を持つクリーチャーはカワセミ/Kingfisherの項を、自らの起動型能力で生け贄に捧げる事でドローするサクり台型のものは冥府への貢ぎ物/Infernal Tributeの項を、反対にクリーチャーが戦場に出るたびにドローが誘発するものは垣間見る自然/Glimpse of Natureの項を参照。

以下はクリーチャー以外のパーマネント・カードが墓地に置かれても誘発するもの

[編集] 参考

QR Code.gif