集合した中隊/Collected Company

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Collected Company / 集合した中隊 (3)(緑)
インスタント

あなたのライブラリーの一番上から6枚のカードを見る。その中から、点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー・カードを最大2枚まで戦場に出す。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


に時折登場する、ライブラリーからクリーチャーをタダで戦場に出せる呪文動物の魅了/Animal Magnetismの系譜の一つ。

サーチ呪文ではなく、ライブラリーの一番上から6枚のうち点数で見たマナ・コストが3以下のみ、残りはライブラリーの一番下へと送られる条件付きだが、一度に参照できるカード数が多く、インスタント・タイミングで最大2体のクリーチャーをクリーチャー・タイプを問わず展開できるのが強み。また2~3マナのクリーチャーが2体出せれば、この呪文を唱えた4マナに対して差し引きゼロか1~2マナを踏み倒せた事になる。

登場時のスタンダード環境では召喚の調べ/Chord of Calling書かれざるものの視認/See the Unwrittenと競合する。確実性と汎用性ではそれらに劣るが、こちらには軽さに加えてアドバンテージを獲得しやすいという強みがある。デッキによって使い分けたい。また、モダンレガシーともなれば低マナ・コストかつ強力なクリーチャーが豊富に存在するので、それらを直接戦場へ出す手段としての活躍も期待できる。

スタンダードでは、緑白カンパニー4色カンパニーのようにこれを主軸に据えたデッキが登場した他、これのために緑をタッチする青単信心も登場した。ローテーション後はアリストクラッツ先祖の結集で採用された。ゲートウォッチの誓い森の代言者/Sylvan Advocate反射魔道士/Reflector Mageなどゲームのどの段階でも優秀なクリーチャーを獲得したことによりバント・カンパニーがメタゲームの最上位にのしあがり、スタンダード落ちまで環境を支配した。その環境の支配率はR&Dにも問題視され、Sam Stoddardのコラムでこのカードがたびたび取り上げられた[1][2][3]

モダンでもそれまではローグデッキ止まりだったエルフアリストクラッツを大きく強化し、Zoo無限頑強が再度メタゲームに食い込む原動力となっている。

[編集] 参考

  1. スパイク向けカードのデベロップ(Latest Development 2016年8月5日)
  2. スタンダードの多様性(Latest Development 2016年8月12日)
  3. 『異界月』スタンダード総括(Latest Development 2016年9月2日)
QR Code.gif